FC2ブログ
2006.11.15 津波注意報
最近忘れていた津波注意報が、ただいま出ています。

すべてのテレビ番組で大騒ぎ、海まで二時間はかかる

ここ盛岡では、津波の経験はないが子供のころから

津波と聞くと、まだ大きい地震がくるものと思っていました。

沿岸の方は、大変でしょうが早く非難してください。



小学校二年生だったと思いますが、あの時の地震は、

今までで一番だったと思います。

いつも自分がゆれている感じでした。

何日も何日も続いたと思いますが、記憶違いだった

でしょうか?



じ~は、地元の消防団でしたから見廻り、その後いつも

ご苦労さん会で家にいない、バ~は子供の私より

怖がりで、仏壇の前にしゃがみこむだけ。



何度か地震が続いた後、ついにバ~は仏壇の中にある

お釈迦様に似た、仏様を風呂敷に包み背中に背負い

いつでも非難できる状態でした。



その直後大きな地震がありました、するとバ~は私(息子)

に大きな声で「ほどげさまのし~けしてこ~」(仏壇のロウソク

の火を消してこい)と命令、私は仏壇に行きロウソクの火を

消しましたが、A型の私は心配で指につばをつけロウソクの

芯をこすり完璧な消火をしていました。



消火が終わったころには、地震はおさまり、えんどご(居間)へ、

誰一人いませんでした。

バ~とバ~の背中におんぶされた、ご先祖様は外に非難済み

この頃から、男は一人で生きていくんだな~と思いました。



地震のときは、外へ

雷のときは、ブレーカーを切る

バ~の行動は、今もあの頃と変わらない。








Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/78-d7566c62