FC2ブログ
2006.11.24 大工への道1
皆が進路で悩んでいた30年近い前、私は皆の

半分も悩みがなかった。

進学で悩む道は、まったくなし、勉強嫌いな私には

自分がこれ以上、机に向かうなど想像できなかった。



男三人兄弟のなげおんず(三男)には、親父(じ~)

の期待が大きかった、兄二人に裏切られた親父には

もう、なげおんずしかいない。

親父は大工になりたかった夢を捨て家業を継いで

農業へ、兄二人は親父の思いなど知らないで就職、

残った、なげおんずに親父が自分の夢を語った、

親孝行の、なげおんずは親父の夢を叶えたく大工の

道へ(いやならやめてもいいか?)の軽い気持ち

で、就職先も紙に書いてある一番上できまり。



明日就職先へという前の晩に、親父に「五年ぐらいは

帰ってくるな」気合の入った言葉の餞別をいただき

大工の道へ、突き落とされました。

次回につづく、、、



地盤改良



img20061124.jpg




改良する前、土に水分が多すぎて予定がのびのび

になってしまいました。

天気と相談し残土を、運んでいる写真





おかげさまで雨もあがり改良を



img20061124_1.jpg




建物にとっていい地盤になりました、

畑にいい土が改良によって建物にいい土に

かわります。

何年か前から、土地の地盤がゆるくて建物に

支障がでた場合、責任は建設した業者に負わせる

と、いうことになりました。

造成した業者、分譲した業者には、責任はなし、

いいか、悪いかはべつにしてなにもしらないで

土地を購入した人には大変いいことです。

土地を購入するのに穴を掘って強度を調べなくても

信用できる建設屋さんを選べば安心してくらせますから。



そういえば、



img20061124_2.jpg








虹の下を掘ると宝物がでてくると聞き、子供の頃

スコップを自転車に縛り、三角乗りで虹の下を

めざし、走りましたが虹の近くに行くといつも

虹が消えました、あきらめて帰ってくると「まだ~ぬずがあるでぁ~」

再び虹のしたまで三角乗り、が、またも近くにいくと

消えてしまう、、、、

なぜか虹の下が発見できない。






Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/73-4ed19884