FC2ブログ
今日は朝八時から現場にて、墨だし作業でした、

ここ盛岡は、三センチぐらいの初積雪、窓のカーテン

を開けて、気持ちが落ち込んでいく自分がなさけない。



車にほうきと、ボロキレを積み現場へ、

八時前なのに、基礎屋さんがバーナーでコンクリートを

乾かしていました。

さっきの私の落ち込みは、どこえやら?

「ごくろうさまです」私の言葉に、「かわがさね~ば、すみ、だせね~がら

はやぐちました」。



基礎屋さんのおかげで、墨だし作業開始。

鉄筋の隙間にスケールの先を延ばすが、届かない、

棟梁が、「はら、ででいるがら、とどがねぁ~べ」

「どら、おらさ、かしてね~が」、の棟梁、しゃがみこんだが

腹が邪魔でリタイヤ。

ニコニコ顔の基礎屋さん、「かすてください」腹に脂肪のない

体は、すんなり。

棟梁と二人で、腹をたたいて、「やせねぁ~ば」



墨だしを終わらせ、車の中で二人の会話、(ストレスが太らせるの~よ)

で意見が合いました。

何時になったら腹が、へっこむやら。



遺跡調査が混み合って、今申し込んでも来年の夏ごろにしか

調査でかきないらしい。

景気が良くなっているのでしょうか?

調査してくれる人が少ないのか?

遺跡の調査に参加した経験がありますが、二日間、腰を

かがめた姿勢で、話相手はスコップ。



宝物が出たら、困ってしまう、(もし宝が出てしまってら、)

土で隠すか、ポケットに隠すか、二つに一つ。

宝が出てしまったら、この場所に建物を作るのが難しくなる

などと考えているが、私の後ろには調査員がピッタリくっ付いて

はなれない。

いままで、何度か調査をしていただきましたが、一箇所

だけ、調査費が数億かかるとの回答をもらい断念した物件

がありました。

個人の住宅は、全額役所がみてくれましが、調査費がこちらの

場合もあります、その場合は宝が出ないことを祈りながらの

調査になります。

この頃は、腹もへっこんでいたのに。








Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/65-0aa4f258