FC2ブログ
お陰様で、バ~が葛巻に帰りました、約一ヶ月

葛巻に生まれ育ち、80年近く一ヶ月もの間葛巻

を離れた経験はないはずです。

病院を退院し我が家に二泊、「お世話になりました」

と、三つ指をついていました。

親不孝な私の目が、曇ってしまいました。



車で一時間半の距離でしたが、葛巻で帰りを待って

いる、じ~から携帯に電話が二回も入りました。

二回も電話してくるとは、かなり心配しているのか?

と思い電話にでると、

二回目の電話は、「あのよ~えんとずのまがりっこ

かってちてけろ」でした。



煙突と食料を買い葛巻へ、

家に着いたバ~は、一番先に仏様と、神棚に無事帰りました

と、ご挨拶、次にゆう太(猫)となにやら話しを?

最後まで待たされた(じ~)に三つ指をつき、「ぶずぬ、かえって

まいりますた、すんぱいかげますた」と頭が床にぶつかるくらい

下げ、話したいました。

耳の遠い(じ~)は(ば~)が、何を話しているか聞こえない、

が、首をたてに降っていました、(バ~の顔は、床に)

60年も一緒にいると、聞こえなくても、見えなくとも

分かり会えるものなんでしょう。



親不孝な私もこんな二人を見て、今日ばかりは晩飯でも

作ってやろうと、(じ~)と真っ白な畑に行き、土の下

からジァガイモを掘り起こし、(じ~)にカレ~を作って

食べさせよう、(カレ~しか作れない)と意気込んでいたら

電話が(携帯が通じないので、自宅に)午後4時にお客様が

来てくださるとのこと。

今までも、今日からも親不孝は、続きそうです、

(じ~)に、バ~はまだ、おかゆだけしか食べられないから

頼むよと、お願いし、「んだば、まだくるばらよ」と言い残し

帰ってきました。

午後6時前に、葛巻に電話、「もろおが、ゆじぁ、ふってちた、

くずまぢぁ~、いっぺぁ~ふっていだが?」の私問いかけに

(じ~)は、「おらは~、ねっとごさ、いだがら、すらねぁ~」

だと、



解説

私「盛岡は、雪が降ってきたが葛巻は、たくさん降っていましか?」

じ~「私達は、もう寝室にいるので外の様子は、分からない」

の回答に、おやすみ。



現場報告



11日からの上棟にむけ、基礎工事の仕上げ



1.jpg




基礎天板の均しと、まわりの埋めもどし作業です。








Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/59-3b428332