FC2ブログ

今まで、住宅の見積もりを
何棟こなしたかと
考えて見ました。

勤めていた時から、、、
(あの会社では、年間、何棟)と
頭のなかで計算したら、軽く1000棟は
超しています。

注文住宅ですから、柱の一本一本から
ひろい出しします。
結果、見積もりの枚数も多くなり
お客様への説明も長くなります。

ところが、先日ある住宅屋さんの
見積もりを見せていただきました、
が、
坪×○○円で、○○円(A)
追加工事の項目でズラ~と
明細がありました、(B)

付属工事、(C)

経費、、(D)

などなど、

ハウマッチ、で○○円。


結果、本体工事より追加工事の
方が高くなっていました。


価格が高いのか、安いのか、

私には、分かりませんでした、
見積もりを1,000棟こなした
私にも分からない見積もりを
お客様が、理解して契約するんで
すから、「さすがお客様」です。

インターネットなどでいろいろ
調べているんでしょうが、
住宅の見積もりは、同じ図面で
ひろい出ししても同じ価格には
なりません。
各社それぞれが、同じ図面を
広げても、同じ材料でひろいません。

見積もり競争をさせるのであれば、
同じ図面に、明細を付けないと
同じ家は、建ちません。

例えば、基礎工事に使う砕石も
同じもの、柱でも、どこどこ
産の何年物で、芯もちはダメ、
とか、

施工の仕方のまで、明細を
付けないと同じ見積もりには
なりません。

完璧な図面と明細を作ってもらうと
設計屋さんからの、請求書が
いくらになるか?
これもまた、見積もりをして
もらう、はめになります。

最近、安い物がたくさん、
外国から入ってきています、
もちろん良い物もありますが
恐いものもあります。

また、テレビでどっかの
設計屋が偽造をしていたと
騒いでいます。

偽造をした人が、決まって
言う言葉が、コストを下げる
ため。

同じ大きさで、同じ場所で
同じ建物だったら、安い建物
を建ててしまう人がたくさん
泣いています。


安さにも、限界がありますし、
お客様が、管理できることにも
また、限界があります。

最後には、信用できる
人に任せるしかないのです。


つづく、
かな?




Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/523-c51de656