FC2ブログ
2007.10.02 棟梁の教え。
祝、巨人
5年も、優勝がなかったとは、
私が、子供の頃から考えれば
「しんじられな~い」です。

もっとしんじられな~いは、
テレビ放送がBSでしか放送して
いなかったこと、葛巻にいたら
見れなかった。

王、長嶋、世代の私も若いと
思っているのは、本人だけ、
昔のスターは、今はおじいちゃん
なっています。

レコードは、CDに代わり、
メークは、ホーマックにかわり、

葛巻で食べていた、(たまな)は
盛岡に住むようになってから、
いつのまにか、キャベツと言う名
になっています。

たまなを、くっていたころの方が
キャベツより、美味しかった。

家を作る大工さんも、お施主さんの
家に泊りがけで作っていました、
子供の事、我が家でも小屋を作って
もらっていた、大工さんが大勢泊まって
いました、朝は、大工さんの金づちの
音で目が覚めます。

その後、朝ご飯も大工さんと一緒です、
10時の休憩から、酒がお茶代わりです、
当然、お昼ご飯も家族と一緒です、
近所のか~ちゃん達がお手伝いで
朝から、大工さんのご飯作りです、
昼もお酒が付きます、もちろん、3時
のおやつにも、お茶(酒)が付きます、

毎晩夜は近所の、親父たちも大工さんと
大宴会です。

何ヶ月もこの生活が続き、
私達、子供も毎晩美味しい
ご飯が食べられるので
うれしい。
普段は、たまなの油炒めと
たまなのお汁ですから、
たまらん、生活でした。

昼休みは、若い大工さんが私達子供と
キャッチボールをしてくれます、
夜になり、私が眠くなったころ
棟梁が、「これぁ~ぼんず、こっちゃこ~」
と、酔っ払って私に勉強を教えて
くれましたが、
この時間が、私は大嫌いでした、
棟梁は、酒臭い息で私を抱き寄せ
「わがるべ~、こってらもんでぁ~」
と、ひげを押し付けてきました、

私の勉強嫌いは、この棟梁のおかげです
が、
今の私があるのも、この時の棟梁の
おかげかと、思っています。
いつの間にか、大工さんに憧れて
いたのかもしれません。

つづく。

つづくが多くなっているのに
話題が次にいってしまいますが
これも子供の頃の棟梁の教え?

Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/515-99caaa20