FC2ブログ
「釘なんて、いつの時代も同じではないか。」
そう考えるかもしれない。
しかし、それはちがう。
今の釘の寿命は、せいぜい五十年。
それ以上になると、空気や水にふれたところ
からさびて、くさってしまう。
今の日本の木造家屋は、三十年ぐらいで
建てかえをことが多いから、これでも
さしつかえない。

ところが、千年もたせる建物には、こういう
釘は使えない。
写真の古代の釘を見てほしい。
(写真は、省略)

こらが釘かと思えるほどの大きさではないか。
長さが三十センチメートルもある。
それだけではない。
材料の性質もちがう。
古代の釘も現代の釘も、材料が鉄であることに
変わりはない。

しかし、現在の鉄は、製鉄所で作られるとき
大量生産と加工がしやすいように、いろいろな
物が混ぜられる、つまり鉄の純度が低いのだ
これに対し古代の鉄はどうか、
古代の鉄は砂鉄を原料に、たたらという
特別な方法で、何日間も火を燃やし、
何回もたたき直して作られた。
こうして作られた鉄は、きわめて純度が高い。

純度の高い鉄は、さびにくい。
千年たってもさびてくさらない。
白鷹さんは、現代の方法で作られた鉄を使っては、
求めている釘を作ることはできないと思った。
製鉄会社に相談して、特別に純度の高い鉄を
用意してもらうことにした。

次回につづく、
Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/462-f9466760