FC2ブログ
これらをすべて古代の建て方とできるかぎり
同じ方法で、現代に再現しようというのだ。
完成するまで、何十年もかかる大事業だ。
どうしたら、古代の人々に負けないものを
つくれるか。

一流の職人たちが日本じゅうから総動員さらた。
建物をつくる宮大工。
かわらを作るかわら職人。
そして釘を作るかじ職人にいたるまで。
この、釘作りを任されたかが、四国の
かじ職人、白鷹幸伯(しらたかゆきのり)さんだ。
千年たってもびくともしない建物をつくるには、
釘も千年はもつものをつくなければならない。

白鷹さんはまず、古代の釘と現代の
釘が、どうちがうかのかを調べることから
始めた。
調べてみて初めて、古代の釘の見事さに
おどろいた。

ここでブレイク
盛岡と水沢のガソリンの価格が
10円違います、びっくり。
(ブレイクで、いがべが?)

カタカナ語も日本語もわからない
私は、ブログを書く資格がない。
が、
葛巻語は、ちょこっとわがるがら
いいが~、かんべんしてけろ。



Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/461-9235163c