FC2ブログ
小学5年の娘が教科書を大声で
呼んでいました。

娘に「読み終わったら、その、本貸して」

「千年の釘にいどむ」
内藤清吾


千年先のわたしたちの周りはどうなっているだろう。
あのビル、あのマンション、わたしたちの住んでいる
家々。

きっとかげも形もないだろう。
人間のつくったもので、千年以上先まで
そのままの形で残っているものを見つける
のは、きわめてむずかしい。

ところが、古代の人々はそれを成しとげた。

から始まった娘の音読から、耳がはなせなく
なりました。

つづく。

Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/459-8f20b13b