FC2ブログ
2006.06.21 二十数年前
二十数年前に建てた実家の修理に行って来ました。

茅葺の家を、解体し完成まで半年かかりました。

当時は、基礎工事から大工がするのが普通なので

たった一人の私は、穴掘りもつるはしとスコップ

で、今考えるとあの頃の自分を尊敬します。



田舎暮らしの師匠である、父も元気で力持ちだった

ので、いろいろ手伝ってもらい助かりました。



本日は、何を言いたいかと言うと自分がいかに 

老化したか、を感じた一日でした。

普段あまり感じない老化。

一人で仕事をこなすと、よく分かります。

いつも皆に自分が出来ないことをしてもらって

いますか、今日はこたえました。

目が、見えないのがこんなに不便だと感じたのは

始めてです。

老眼です、さしがねの目盛りが見えない?

目をこしっても見えない、さしがねを遠くすると

さしがねは、はっきり見えましが目盛りが分からない。



老眼鏡を買うべきか?




Secret

TrackBackURL
→http://noelhome.blog95.fc2.com/tb.php/176-ae78b4a8