本日でノエルホームは正月休みの予定が

蛙、「明日9時半から○○さんと打ち合わせです」

ご苦労様。



職人達は27日の忘年会で足腰が立たない状態、

昨日から休ませていただいています、が、、、

さすが荒くれ者昨日の夕方には、喉が渇き

忘年会の反省会をし、又今日も「ぐえぁ~わる~」



何時まで続くか?、反省会。



今年も、お陰様で良い出会いが沢山ありました、

営業マンのいないノエルホームが今年も正月を

迎えられるのは、お施主様とノエルの仲間が

応援してくださるからだと感謝いたしております。

2007年も今年以上に頑張りますので宜しく

お願いいたします。



さて

私も忘年会の反省会を手酌で

いただきます。








2006.12.28 猫と虎
昨夜の、いや、今朝方までの忘年会も終わり

虎達を残し、猫の私は帰ってきました。



虎達の正月休みは、はたして休みになるか心配です、

酒がキレル前に又酒の毎日が続く事、間違いなし。

来年の仕事始めは1月9日からの会社が一番多く、5日の日、

一日出て6.7.8日休みの会社も多い。

在庫をもてなくなった建材業者は、大手の会社が休むため

店を開けても、現場に物を届けることができない、

建設業だけかもしれないが、経費節約のため倉庫を

小さくし、メーカー直送に頼っている。

メーカーはトラック一台の荷物が溜まるまで出荷を

しない、至急欲しいとなると運賃をいただきます、、

300円の品物に運賃1000円の場合もあります、



コストを下げる一つの方法に企画住宅が生まれました

同じ家を全国に何千棟も建て同じ材料を使う方法、

フランチャイズ店を募集、地元の工務店が

フランチャイズに加盟。

いきなり地元工務店が、全国区のメーカーに変身します。

などなど生き残りをかけ、建設業も変わってきました。



昔ながらの職人の技と現在の技を組み合わせ

お施主様の我がまま住宅を形に出来る

集団を来年も引き続き応援願います。


















2006.12.27 大雨
12月末だというのに今朝、家の近くの道路で、

温度計はプラスの10℃でした。

去年の今頃は-10℃だったような気がします。

本日は大船渡からお客様がみえました。

来る途中前が見えないくらいの大雨だったそうです。



「帰らねば帰れねぐなる。こんだぁ、いぢがづとおがごろになるごった。」

解説:もう帰らないと帰られなくなります。

今度は1月10日頃に来ます。



と颯爽と帰っていきました。



今夜はチームノエルの大忘年会(大暴露大会)です。

日ごろの労をおたがいに、労います。
2006.12.26 年齢早見表
カレンダーをたくさん頂いた中に大きな手帳が

ありました。

来年はどんな年?かと思いペラペラめくっていたら

年齢早見表があります、99歳、明治41年(1908)

がこの手帳では、最高齢者。

あと4~5年で明治生まれの方が、この手帳から外されて

しまいます。

残念。



息子が後一日で皆勤賞だ~、の前の晩から39度の熱

やむなく次の日は病院へ、ノロウイルスかは、わかりませんが

表情は、完璧にノロです。

私も感染しては大変、今日は早めにアルコールで消毒しないと

ノロに負けてしまいますから、本日のブログは終了いたします。






ついにサンタクロースの撮影に成功?

ノエルホームの家に住んでいるから、来てくれたのかも。





img20061225.jpg




ちびっ子サンタは、パジャマみたいな赤い服に

ちっちゃな袋に大きなプレゼントを入れて、忍び足、、、

わが子の部屋を探しているのかな?





img20061225_1.jpg




ひゃっきんで買ったサンタの、帽子、靴下、ヒゲ

には、敵わない、本物の気品があるような?





実は私にもサンタクロースが来てくれました、

40年以上前になりますが、毎年紙でできた長靴の

中にお菓子がいっぱい入っていました。

薪ストーブの煙突を真っ黒になって掃除した

記憶があります。



薪ストーブの生活をする以前は囲炉裏の生活をしていました

正月前になると家の中の物を全部外に出し、床に雪を敷きつめ

天井代わりに並べてある丸い棒に溜まった、すすを長い竹ぼうき

で落としたものです。

クリスマスが終わってからの掃除だったか覚えていませんが

掃除の前だったらサンタクロースの赤い服は帰りは真っ黒だったに

ちがいありません。



昔のサンタクロースも今のサンタクロースも子供を

思う気持ちは変わらないようです。


2006.12.23 家庭用岩盤浴
あっちこっちで、岩盤浴の文字を最近目にします、

今日届いた情報誌にも岩盤浴の記事がありました、

なんと、、家庭用岩盤浴のグッズがたくさんのって

います。



岩盤浴が出来るマット数千円から、人間がスッポリ

入ってしまう寝袋みたいな物、うん十万

ベットみたいなもの、

最後は、岩盤浴ユニット2坪、、うん百万まで。



私も今まで、サウナ付きの住宅、露天風呂いろいろ

作ってきましたが、岩盤浴がついた家は残念ながら、

まだ経験がありません。



始めて露天風呂の依頼をうけた時

オシドリ夫婦の遠藤左官さんとトラックで

何日も山に通いました。

露天風呂を作るための石が、あっちこっちの

お店を探しましたが、見つからなかったため

「山しかない」、と遠藤さんに言うと

「わがった~○○山さ、いげばあるがも、すれねぁ~」

建物は順調に進み、大工さんと朝打ち合わせが終わると

山へ、通った思い出も良い経験になりました。



これから家庭用岩盤浴を付けたいとの

依頼があるかも?

一度も岩盤浴の経験がない、私は来年から

岩盤浴通いをしないとと、思っております。



携帯に出ない時は、岩盤浴に行っているな~と

思ってください。

決して遊んでいるのではなく、

仕事で行っているのだから、応援して

ください。

来年はいい年になります。




数日前、バ~を病院へ、葛巻からの車中いつものことですが

昔話が始まります、バ~の昔話はなかなかおもしろい。

この日の昔話は、60年前の嫁入り話

葛巻の小さな田舎に北海道からお嫁さんが来る

朝から皆、落ち着かないテレビもない電気もない

情報もまったくない、北海道がどこにあるかも分からない

まるで外国から嫁が来るみたいな騒ぎだったとのこと。



朝から待ち続け、お嫁さんを見たのは夜の10時過ぎ

交通事情も馬の時代、時間などないのと同じだった

始めて見る北海道人は、、、、、、、だったとのことです。





北海道のお嫁さんは、台所の仕事やら家の中の仕事は

嫁の仕事だと思い次の日から台所にたって頑張ったが

葛巻の常識は、嫁は家の中での仕事はしない台所にたつなど

50年早いだったとか。



若い者は畑仕事、朝から晩まで外での仕事が当たり前

私「なして家のながのごどさせながったべ~」

バ~「くうのも、ろぐぬなぁ~ずだいだったがら、」

で、だまりこんでしまった。

この時代食べるのにも、こまっていましたから

いままでの生活のリズムを変えたくなかったのでしょう。



だいぶ前に、じ~から「今のしたずぁ~、わらすさ、なぬ

はなすてきかせるべ~」と質問されたことがあります。

私「なにって、なに」

じ~は、ながながと「おらぁ~、でんち、のなぁ~ずだいも

せんそうも、ちの、ねっこ、くったごども。いっぴぁ~

経験してきたごど、はなす、でじるが、今のすたずぁ~

本当の苦労をすらねぁがら、かわいそおだな~」



私「大丈夫だぁ~」

じ~「おめぁ~は~大丈夫だべ~」






この、もんどころ、が目にはいらぬか~





img20061221.jpg






お施主様から頂いた泡盛、私には一生に一度あるかないか

の御ほうびです。



家に帰り、神棚へ



img20061221_1.jpg




子供の頃からの習慣で大事な人からの贈り物は、一番に神様へ

じ~とバ~は仏様ですが、我が家には仏様がありませんので

神棚へ報告。



img20061221_2.jpg




箱から出してもう一度手を合わせました。



いつご馳走になったらいいのか?

もったいなくて、一人で頂くのは?

でも、やっぱり誰にも内緒にして?「俺のものだ~」

でも?

などなど考えているうちに、安酒で酔っ払ってしまいました。



今日のブログを私の身近な、や、つ、ら、は見ていない

と、神様にお願いして寝ます。

おやすみなさい。












本日は三階建て住宅の検査日でした。

ヘルメットを、ふか~くかぶった検査員の方が二人

img20061220.jpg




三時間近く丁寧に検査をしてくださいました、

ビスの本数を数えたりボルトの位置を確認

スケールで寸法を測ったり、マニアルを見ながらの

チェックは大変です。



立ち会った○○さん、「あなた方はミスを探すのが仕事

ですから大変でしょう」

検査員「私達は図面のままの建物が建ったいるか検査しています」

同じ事なのでしょうが、言葉の選び方で受け取る方は?



無事監査も終わり、明日からは外部の工事が始まります。













ブルーシートで囲われた内部から、綺麗な光が浮かび

巨大クリスマスツリーに見えたのに。



img20061220_1.jpg




私のカメラに写った画像は、またも、このざま~

カメラが悪いのか?使いこなせないのか?





山岸の現場では、



img20061220_2.jpg






img20061220_3.jpg




本日から建て方が、始まりました。








2006.12.19 夜景
先日お約束したルーフヒーターの現場状況は蛙のブログにて

公開しております、ご覧ください。



私は、ルーフヒーターを取り付けしているお隣のお宅で

みかん(犬)に噛まれていました。

お隣を工事させていただいていた時期に、みかん宅をご紹介

いただき、お仕事をいただきました(蛙が)。

どちらかのお宅にお邪魔すれば、必ず隣から「寄っていって」

と声がかかります、ありがたいことです。



本日もみかん宅のお婆さんからお誘いを、



img20061219.jpg




ルーフヒーターを写すつもりがみかんを写すことに。

「これぁ~うごぐな~」といってもダメ

遊んであげないと、動きが止まらない。



img20061219_1.jpg




何度か私の手を噛んだあと、お座り(約2秒)

「あ~いでぁがった」と言葉に出さない私は「さすが俺」



夜景



img20061219_2.jpg




ただいま、お世話になっているお宅の屋根から撮影

夜景が綺麗でした、 写真より



img20061219_3.jpg




信じてくれない方のために屋根もパチ





img20061219_4.jpg




内部の登り梁、家の主役達が仕上げを待っています。

もうぴゃこ、まってくれ

晴れ舞台は、もうすぐです。
2006.12.18 本日の葛巻
私の住んでいる盛岡は、積雪0

私の生まれた葛巻は、積雪15センチくらい、



img20061218.jpg




雪、雪、の葛巻は、真っ白です。盛岡(私の家)から1時間30分。

実家に着いたら、じ~が雪かきをした跡がありました。

多い日は一日に5~6回雪かきをしないと、家から出られなく

なってしまう(ちょっと大げさ)。

葛巻では、二人暮らしのじ~とバ~が、ほとんどの世帯を支えています。



明日、バ~が退院後の検査で病院、明日迎えに行くには、

雪道が心配なので、今日迎えに行ってきました。



留守番はじ~と、ゆう太にお願い。



一ヶ月一人暮らしをした葛巻のじ~は、午後4時になると

仏様に、その後夕食、5時には、ゆう太と床に就く生活が

当たり前になり、誰が行っても、この生活スタイルは変えない。



そのかわり、ニワトリを起こす勢いで朝は早い。

薪ストーブに火をいれ、誰よりも早く元気の「のろし」を

あげているみたいです。



さすが、田舎暮らしの達人。
今年の春から雪対策は早めにと、私のブログでも

書き込んできましたが、12月後半になって依頼が

何件かきています。

雪止めにもいろいろ種類があり、屋根の勾配などで

かわってきます。

今回は、網のついた雪止めを中村さんが取り付けました。

私も屋根に上がってお手伝いを、と、梯子に足をかけた

とたん、「いいがら、したで、おせぁででけろ」。

残念です、私が大工だったことを証明できるチャンス

が、またしてもカメラに納まることはなくなりました。



まさか梯子を押さえているだけの写真では?



img20061217.jpg




img20061217_1.jpg




img20061217_2.jpg






中村さんの手さばきのよさ、

私との違いを探しました。「てんぶぐろ」

私は1ダース198円の軍手、中村さんの手袋は

皮でプロ使用、道具からして私は梯子を押さえ

ているしかない。





19日は、屋根にヒーターを施工する現場を紹介

出来ると思います。



今日は盛岡も昼ごろ雪になりましたが、

雨に変わりました。明日は晴れ間がひろがりそう

ですと、今、天気予報でいっています。

さて、今夜も辛いが、お天気祭りをしなくては、

365日天気祭り継続まで、今年もあと、15日

がんばるぞ~




クリスマス(ノエル)のタイトルで1日100人以上の

方が見にきてくださいます。



会社(ノエルホーム)からのリンクが半分あります。

何方か分かりませんが、私ごときのブログにありがとう

ございます。

パソコンだったか?ワープロだったか?、わすれましたが

覚えろ、と言われたのは20年以上前のこと、あれこれ理由を

言い続け画面を見ることすらありませんでした。

2年ぐらい前から、蛙に「今時パソコン恐怖症の人がいるなんて

化石みたいな人」とやさしく説得せれ、トランプのゲームから

私のパソコン地獄が始まりました。



マウスの使い方、(なんでぁ~、かんたんだでぁ~)と思ったが言葉

には出さず、心の中にしまい込み次の段階へ。

キーの打ち方を教わる時間です、(講師はやさしい蛙先生)

キーを見たら、あいうえお、がない?

ABCと123と、なんだりかんだり、よ~く見ると、ちゃっこぐ

ぁぃぅぇぉと書いてあるでは、一安心。が、

講師の先生は、「ローマ字で打ってください」

(なっしてよ、ローマズで打ったら、ふたっつ、うだねぁ~ばなんねぁ

がべでぁ~)と心では思ったが、口に出せない。

なにせ講師の先生は、や、さ、し、い、蛙先生ですから。

人差し指でAの場所を探すのに何分もの時間がかかってしまう、

蛙先生、「このキーを打つのは左手の小指」と、や、さ、し、く、

ご指導くださいました。



タイトルのクリスマスツリーに話題を変えないと

パソコンは、次回につづく。



昨日は家の中にあるクリスマスツリーでした、

今日は家の外にあるクリスマス。





玄関のリース      蛙作



img20061215.jpg




ズーム



img20061215_1.jpg






ウットデッキ      蛙作





img20061215_2.jpg


ちなみに下の、わっかになっている、ちれんこな花は、私作



ズーム



img20061215_3.jpg




木          葛巻のじ~作、飾り私作



img20061215_4.jpg






夜のクリスマスツリー     電球付け、私作



img20061215_5.jpg




img20061215_6.jpg






うまく写すことができませんでした、

実物はもっと、ちれんこ、です。


クリスマスといえばノエル、

クリスマスといえばツリー

我が家には、クリスマスツリーが3個飾ってあります、

本日は、家の中にあるクリスマスを紹介いたします。



img20061214.jpg




なぜか、和室にもツリーがある我が家は、ノエル





img20061214_1.jpg




居間のツリーは、和室のツリーよりは、チョイ大きい、

和室のツリーは10年以上前の物、当時は豪華だな~と

思いましたが、時代とともにツリーも変化していました、

3年前ぐらいに購入した居間のツリーは、10年前の感動を

はるかに上回っていました。





現場報告





1.jpg




屋根工事、



2.jpg




3.jpg




4.jpg






100年後リサイクルできる家を作りたいと選らんだ

断熱材。





蛙にブログの文章が下手、(、と「、の使い方が反対だ

などなど指摘され本日は写真を多く使ってごまかし

作戦です。



わらすのころ、もうすこす、べんちょう、すておげば、

いがった。

ま~こんなもんです、我慢して見てください。










2006.12.13 12月の雨
12月の雨は、私達建設業には困り者です、

雪の方が雨よりは、仕事をするうえでは、

邪魔になりません。



雪は、はじ(ほうき)で処理できますが雨は難しい

我がままな事ばかり、、、雨が降って欲しいと思う時も

あれば、スキーに行きたくなると雪が降って欲しいし

困ったものです。



お知らせ

2006・12・15~17まで、チームノエルの仲間であります

インテリアワーク(KIDA)さんが、ギャラリーリリオ

にて作品展を開催いたします。

(イラストレーション&絵画&立体)と書いてあります、

私にはまったく理解出来ない作品が、並んでいますが、

見る人が見ると作品のよさが、分かると思います、

私も良い物だと、思っていますがなにせ、凡人ですから

絵を語る資格がありません、どうか皆さん見にいって

評価してください。



ここからは、ひとり言



「これぐれぁ~せんでんして、やったらいいごどぁ、あるべ」

「んだども、ちだくんぁ~、おれのブログみでなぁ~がもしれねぁ」

「だれさが、でんわ、してもらうがなぁ~、よし、棟梁さ、でんわさせるが」

「ん~までよ、棟梁ぁ~、ブログどごろが、インターネットをみるはずぁねぁ~」

「みるはずぁ~なぁ~パソコンは、あるどもインターネットぁ~つながっていねぁがった」

「よす、さいごのしゅだん、蛙おめぁ~すかいねぁ~」

「あだりさわりなぐ、おがえすが、ほしくて、せんでん、したわげ

でぁねぁ~ごどを、うまぐはなすせ~よ」



上記は、あくまでもひとり言です。

明日天気な~れ












タイトルのどんな年は、(亥年)の年には過去にこんな事が、



昭和22年(1947)5月3日、私はまだ生まれていないこの年

日本憲法施行。

昭和34年(1959)4月10日、私が生まれるちょうど一年前

皇太子、明仁親王の御成婚パレードが行われ、53万人が詰めかけ

ました。

昭和58年(1983)私23歳のこの年の、4月15日に

東京ディズニーランドが開園し、一年で1000万人が来場したと

書いてありました。



自分の心に残っている、記念日はたくさんありますが、

さて、何時だったか?、と思い出せない事が多くなってきました、

が、我が母(バ~)は私が生まれる前の出来事も何年の何月何日

までもすべて記憶しています。

が、昨日の事や、三分前の事は覚えていない。

何年か後には、昨日の出来事を思い出し話してくれることでしょう。



現場報告



本日は、上棟

お施主様より、食事をご馳走していただき(職人と私10人)

作業の進み具合もいつもにまして良い感じ、無口な職人(棟梁を

除き)達も、今日は話が盛り上がっていました。



1.jpg




2.jpg




木造三階の高さは、もと大工の私ではチョッと怖い。



3.jpg




金物の太さも、二階建ての住宅よりはかなり太くなっています。



4.jpg




構造計算に従い材料から、工法まで計算されたいます。

細部については、今後少しずつ書きこんでいきます、

ご期待ください。

明日天気にな~れ。




娘「サンタクロースいるの?」

なぜ?

娘「クラスの男子がサンタクロースはいないって行ってた」

○○はどう思う?

娘「○○ちゃんと帰り話したけど絶対いるよね」との結論だそうです。

サンタクロースは、信じてくれる人だけにプレゼントをくれる、

と話ました。

娘「何をおねがいしょうかな~?」信じている娘には、必ずサンタクロースは

来てくれるだろう。

娘「サンタクロースは、お願い事も聞いてくれるかな~?」

物ではなく願い事?

何をお願いするの?

娘「バブ(ゴリラのぬいぐるみ)が、話せるようにお願いしようかな~」

、、、今年の我が家、担当のサンタクロースはきっと悩んでいるにちがいない。



サンタクロースを信じているのかどうかは分からないが、中学の息子の

宿題にびっくり。

ホットケーキを作り、家族に食べてもらい、食べた家族が感想を(渡された用紙

に)、書いてこい。

私に似てまじめな息子、不器用な手つきでなんとか作り、味見をし、

感想を書いてくれだと。

私の中学時代、家庭科なんてなかった気がしますが?



本日の現場状況



1.jpg




昨夜大雪だったので大変だと思い昨日出て来たと、運転手さん

8時には現場について荷下ろし、(青森より)



実は私も昨日、仕事で青森に行ってきました。



1_1.jpg




こんな状態でした。



荷下ろしが終わり足場を組んでいます、(何時もであれが足場が先ですが

荷下ろしが出来なくなるため)。



img20061211.jpg




明日から本格的に、はすらだて(上棟)です。






お陰様で、バ~が葛巻に帰りました、約一ヶ月

葛巻に生まれ育ち、80年近く一ヶ月もの間葛巻

を離れた経験はないはずです。

病院を退院し我が家に二泊、「お世話になりました」

と、三つ指をついていました。

親不孝な私の目が、曇ってしまいました。



車で一時間半の距離でしたが、葛巻で帰りを待って

いる、じ~から携帯に電話が二回も入りました。

二回も電話してくるとは、かなり心配しているのか?

と思い電話にでると、

二回目の電話は、「あのよ~えんとずのまがりっこ

かってちてけろ」でした。



煙突と食料を買い葛巻へ、

家に着いたバ~は、一番先に仏様と、神棚に無事帰りました

と、ご挨拶、次にゆう太(猫)となにやら話しを?

最後まで待たされた(じ~)に三つ指をつき、「ぶずぬ、かえって

まいりますた、すんぱいかげますた」と頭が床にぶつかるくらい

下げ、話したいました。

耳の遠い(じ~)は(ば~)が、何を話しているか聞こえない、

が、首をたてに降っていました、(バ~の顔は、床に)

60年も一緒にいると、聞こえなくても、見えなくとも

分かり会えるものなんでしょう。



親不孝な私もこんな二人を見て、今日ばかりは晩飯でも

作ってやろうと、(じ~)と真っ白な畑に行き、土の下

からジァガイモを掘り起こし、(じ~)にカレ~を作って

食べさせよう、(カレ~しか作れない)と意気込んでいたら

電話が(携帯が通じないので、自宅に)午後4時にお客様が

来てくださるとのこと。

今までも、今日からも親不孝は、続きそうです、

(じ~)に、バ~はまだ、おかゆだけしか食べられないから

頼むよと、お願いし、「んだば、まだくるばらよ」と言い残し

帰ってきました。

午後6時前に、葛巻に電話、「もろおが、ゆじぁ、ふってちた、

くずまぢぁ~、いっぺぁ~ふっていだが?」の私問いかけに

(じ~)は、「おらは~、ねっとごさ、いだがら、すらねぁ~」

だと、



解説

私「盛岡は、雪が降ってきたが葛巻は、たくさん降っていましか?」

じ~「私達は、もう寝室にいるので外の様子は、分からない」

の回答に、おやすみ。



現場報告



11日からの上棟にむけ、基礎工事の仕上げ



1.jpg




基礎天板の均しと、まわりの埋めもどし作業です。








久しぶりの、太陽に感謝、朝現場で職人さんと

話しても、声が晴れている。

私が現場作業の時は、最近、雨か雪「現場にくるな~」

と皆が思っている、と、言われてしまった。





現場報告



1.jpg




本日の朝、私が行った時は、くもり「あめぁ~ふらねぁ~うずぬ」と

言われる前に、次へ。



2.jpg




午後三時をまわってから、現場にて打ち合わせ、





3.jpg




天気に恵まれ作業もはかどりました、型枠もはずれ

11日の上棟を待ちます。

11日からは、晴れ男の棟梁が主役なので安心です。








2006.12.07 さすが、おれ
朝私が、まだ新聞を見ている時間に棟梁から

電話、「あのよ~あめぁ~ふるそおだがら、あさまがら

すみだし、するべぁ~」。

今日の予定は、午後から現場で墨だしの計画でした、が、

約二時間後、現場で墨だし~



午前中に墨だしを終え個々に次の仕事へ、午後二時に

又、同じ現場で待ち合わせ。



棟梁が言ったとおり昼前から雨まじりの雪、午後二時に

現場での台直しでニコニコ顔の棟梁、(くるぞ、くるぞ)

と思っていたが、ついに、「さすが、おれ」

参りました、さすが棟梁、私の予定で午後からの、墨だし

だったら基礎が濡れていて、墨がだせなかった。



想定外を想定内にしてしまう、棟梁は、(さすがおれ)

人間一人では、出来ないことも、いい仲間がいることで

なんでもできます。

私の廻りには、私を助けたくれる仲間と、私を育てて

くれる、お客様がいます。

「がんばらね~ば」






2006.12.06 北海道
北海道からの来客を、今朝から待っていましたが、

こない、こない、。

待ちくたびれて、携帯へ、函館でトラブルに巻き込まれ

電車に乗り遅れ、津軽海峡の下を~青森まで、レンタカーで

あっちこっち~盛岡に、が、今日はムリ明日になるとのことです、

ハードな仕事をしているのに、さっぱり痩せない彼の体重は100㌔

を超えています。

何年か前に「最近やせたよ~」といっていましたが、(どごがよ~)

と心で思ったが、可愛そうに思い「やせた、よ」と言ってやりましたが

私の心の中が見えたのか、「5、6㌔痩せても誰も気づいてくれない」

だと、(当たり前だ~)50㌔の人が44㌔になったら(オ~痩せた)と

思いますが、115㌔の彼が110㌔になっても?



私と棟梁もさっぱり腹が引っ込んでくれない、二人で「ストレスが

こごさ、たまっている」と言い訳をしています。






突然ですが、(た)と(て)をどうしても間違って打って

しまいます。

ご勘弁ください、(た)と(て)です、読んでいて(あ~ここか)

と思ったら(た)を(て)に又は、反対にお読みください。





バ~が入院し、80歳のじ~が一人で冬支度

少しでも手伝いをと思い、葛巻へ、

雪で、つぶれそうな場所を直してきました、

親父と二人きりで、こんなに話したのは、始めてだった

気がします。



田舎暮らしの達人達は、近所のじじ、ババが今日も

何事もなく、朝を迎えたことを自分の家に居ながら

目で確認できます。

なぜ、



朝8時に実家へ、じ~が外で隣近所を見ています、

「さむうのぬ、なねすてだ」の私の言葉に、「ん~

ちょうもみんなおじだな~」今日も近所の皆さんは、元気に

起きた、と言っています。



なぜ、

じ~の近所は、薪ストーブの家しかありません、煙突から

煙が出ていることが、皆元気で一日をスタートした(しるし)

だとの話でした。



私の知らない、田舎暮らしが、まだまだ沢山ありそう

です。


機械に頼り過ぎて、いざ機能しないと命を取られた

感じすら、してしまいます。

今日は朝6時に家を出発、7時30分には携帯の電波

がなくなっていました。

携帯が通じない生活は、不安で不安で胃が痛くなります、

病気です、これは、一昔前はポケットベルをもっただけで

こんなに便利な物はないと思ったのに。



現場報告



dscf5838.jpg




これまた、機械に頼り失敗。



フラッシュが自動で光っていると思いシャッターを

パチパチ、基礎の立ち上がりにコンクリートを打ち

シートをかぶっている現場の写真です。



すみません、玄関の明かりに目がいき、シャッターが

光らないのにぜんぜん気がつかないで帰ってきました。



夜遅く現場を見回っていたので、怪しい奴と間違われては

大変だ~、と思う気持ちが、またも失敗。

携帯もカメラもパソコンも車も運転手しだいですね、



コンクリートが乾くまでの期間(約3~4日)は現場

作業を作業場に移します。














今日は朝八時から現場にて、墨だし作業でした、

ここ盛岡は、三センチぐらいの初積雪、窓のカーテン

を開けて、気持ちが落ち込んでいく自分がなさけない。



車にほうきと、ボロキレを積み現場へ、

八時前なのに、基礎屋さんがバーナーでコンクリートを

乾かしていました。

さっきの私の落ち込みは、どこえやら?

「ごくろうさまです」私の言葉に、「かわがさね~ば、すみ、だせね~がら

はやぐちました」。



基礎屋さんのおかげで、墨だし作業開始。

鉄筋の隙間にスケールの先を延ばすが、届かない、

棟梁が、「はら、ででいるがら、とどがねぁ~べ」

「どら、おらさ、かしてね~が」、の棟梁、しゃがみこんだが

腹が邪魔でリタイヤ。

ニコニコ顔の基礎屋さん、「かすてください」腹に脂肪のない

体は、すんなり。

棟梁と二人で、腹をたたいて、「やせねぁ~ば」



墨だしを終わらせ、車の中で二人の会話、(ストレスが太らせるの~よ)

で意見が合いました。

何時になったら腹が、へっこむやら。



遺跡調査が混み合って、今申し込んでも来年の夏ごろにしか

調査でかきないらしい。

景気が良くなっているのでしょうか?

調査してくれる人が少ないのか?

遺跡の調査に参加した経験がありますが、二日間、腰を

かがめた姿勢で、話相手はスコップ。



宝物が出たら、困ってしまう、(もし宝が出てしまってら、)

土で隠すか、ポケットに隠すか、二つに一つ。

宝が出てしまったら、この場所に建物を作るのが難しくなる

などと考えているが、私の後ろには調査員がピッタリくっ付いて

はなれない。

いままで、何度か調査をしていただきましたが、一箇所

だけ、調査費が数億かかるとの回答をもらい断念した物件

がありました。

個人の住宅は、全額役所がみてくれましが、調査費がこちらの

場合もあります、その場合は宝が出ないことを祈りながらの

調査になります。

この頃は、腹もへっこんでいたのに。








「バ~なんちょでだ」耳が遠いじ~との会話は、

場所を選ばないとできません。

大声でこちらが話さないと、「なぬしたって」と

何度も聞き返してきます、80歳のじ~は免許を今年

更新しました、よくクリアーできたもんです。

顔を見て話している時は、口の動きで大体のことは

分かると言っていましたが。



「あすたバスで、びょういんさいぐがな~」

「んだども、まだバスの回数がへってしまった」

「七回あったバスが五回になってすまった」

「いずばんの、バスが、はずずすぎなぁ~ば、こなぐ

なってすまったがら、われぁの病院さいぐのぬも、

おぐれで、すまう」



葛巻から、盛岡に出てくる手段はバスだけです

バスの本数は、毎年減るばかり、じ~の運転では

盛岡までは、ムリです、が、近くには病院はない、

高齢化社会が身近になっています。



明日はむりだから、あさってむかえにいくから

がまんしてまっていろ、で、なっとくのじ~でした。