昨日起きたら、左目がはれて

眼科に行ってきましたが、原因が分からない

とのことでした。

原因が分からないのに、くすりがでました。

私は、もっと分からなくなりましたが、お医者様

の判断におまかせです。



今パソコンの字もろくに、見えませんが見えていても

間違いだらけですから、見えないからと言い訳がつく

からいいかも?



生まれつき、右目が弱いので左目だけがたよりでしたから

負担がかかったのかもと思っています。



字が見えなくなってきました。

以上
2006.06.27 虫、日記
むし暑いと思い、日中に窓を開けている時は、

網戸も閉めないでいる。

夜になり、電気を点ける時間になって虫が気になり、

虫を追いかけまわしています。



私が虫を捕まえると、娘は「殺さないで」とティシュを

もってきて、虫をティシュに包み外へ逃がしに行く。



外は、怖いので玄関の戸を開けっ放しにして虫に話しかけて

いる「自然にかえるのよ」。

その間に玄関から、虫が入ってきます。

いくら私が虫を捕まえても、家の中に戻ってきます。



まぁ~いっか

虫に刺されても、かゆいだけだと自分に言い聞かせて

今日も終わる。


2006.06.26 みかん日記
5月22に始めて会った時のみかんの

後姿とチョッとおびえている顔?



img20060626_1.jpg




img20060626.jpg










たった一ヶ月で、「ちかなぐなった」



かずるごど、かずるごど、ゆびぁ~ちれるがど

おもった。













img20060626_2.jpg








ゆびだげで、たるなぁ~どみえで、こんどぁ~

ほねかずってだぁ~





img20060626_3.jpg






一ヶ月後を、お楽しみに

まだまだ続けたい、みかん日記でした。


本日の日記は、目が見えにくいために

休ませていただきます。

後日、お楽しみに。

以上
2006.06.22 百姓の孫
百姓の孫は、食べ物に感謝したくて、したくて

たまらない。



第二回いちご収穫祭



img20060622.jpg




収穫祭に呼んで欲しいと、コメントがありましたが、

いきなりが大好きな娘の行動には、親の私もついて

いくのが大変です。

今度は計画をたてて、お呼びいたしますのでお楽しみに

お待ちください。



img20060622_1.jpg






飾りつけも前と同じでは、ダメ

色紙を切り、のり付けし飾りました。

手伝いはいつも私一人です、なぜか?



収穫祭を待ち浴びている、いちご達も以前よりは

だいぶ形が、いちごらしくなってきました。



ふぞろいの、いちごたちに感謝しいただきました。



ここで葛巻日記



img20060622_2.jpg






可愛くて、可愛くてしかたがない娘はゆう太の

そばにいたい。



逃げたくて、逃げたくてしかたがないゆう太は

娘から放れたい。



じ~とバ~の生活になれているゆう太には、子供の

愛情は、苦手みたいです。

ゆっくり、ゆっくり、の生活になれた、じ~バ~とゆう太




2006.06.21 二十数年前
二十数年前に建てた実家の修理に行って来ました。

茅葺の家を、解体し完成まで半年かかりました。

当時は、基礎工事から大工がするのが普通なので

たった一人の私は、穴掘りもつるはしとスコップ

で、今考えるとあの頃の自分を尊敬します。



田舎暮らしの師匠である、父も元気で力持ちだった

ので、いろいろ手伝ってもらい助かりました。



本日は、何を言いたいかと言うと自分がいかに 

老化したか、を感じた一日でした。

普段あまり感じない老化。

一人で仕事をこなすと、よく分かります。

いつも皆に自分が出来ないことをしてもらって

いますか、今日はこたえました。

目が、見えないのがこんなに不便だと感じたのは

始めてです。

老眼です、さしがねの目盛りが見えない?

目をこしっても見えない、さしがねを遠くすると

さしがねは、はっきり見えましが目盛りが分からない。



老眼鏡を買うべきか?




2006.06.20 田舎の仲間
今の時期は、おたまじゃくしが、うようよ
img20060620.jpg




岸にいっぱいの、おたまじゃくし

この子達が、かえるになってあっちこっちに飛び回り

ます。

葛巻の(道の駅)池



img20060620_1.jpg




昔、はやった人面魚には似てもにつかない鯉

葛巻の(道の駅)は、ほすなある

ぜひ寄って見てください。



img20060620_2.jpg




葛巻のじ~ば~が、可愛がっている、ゆう太(ねこ)

葛巻には、いろんな生き物達が幸せに暮らしていて、いいな~。



もっとびっくり。



なんと



img20060620_3.jpg




ふきを、傘に、使いこなすハリーポッターまでもが?




六月十八日(父の日)四十代後半になっても

おかげさまで父の日に、プレゼントを渡せる

ことに、感謝しています。

田舎暮らしの、師匠である父に会いに行って

きました。



img20060619.jpg




葛巻の実家(家の裏)

人工的に作られた物が、何一つない場所が

たくさんあります。



img20060619_1.jpg




一ヶ月前には、この場所は道と分かりましたが、

草がこのとおり。



img20060619_2.jpg






この場所は、なんとか道が分かりました。

この道を上がって行くと神社(山の神様)が

祭られています。



img20060619_3.jpg




山は、鳥の声、セミの声で、にぎやかです、

あとは、何にも聞こえません。



父の日の一番のプレゼントは、孫に会える事

父より孫を少しの時間借りて、二人で山へ、

何でも思いついたら実行の我が娘は、いきなり

やまびこが、聞きたいとの事、

一緒に(ヤッホー)と叫ぼう

せえの~で(ヤッホー)

声が低い、やり直し、と叱られ何度も(ヤッホー)を

叫び続けましたが、やまびこは、かえってきませんでした。



なんでだろう?

私が子供のころは、何度もかえってきたはずなのに?

帰って田舎暮らしの師匠から聞きました、なるほど~








2006.06.15 娘の収穫祭
今日は、収穫祭をするとのこと?

三年前に、いちごの苗を一本買ってきて鉢に、

5~6個のいちごを収穫した。

その苗を家の脇に植えたところ、増えに増え

砕石だらけのいちご畑が出来ました。

夕方娘が、いちごを収穫「今日は、収穫祭をする」

と一人で準備開始。

いちごを洗い、へたを切り、皿に盛り付けました。







img20060615.jpg




砕石畑のいちごは、見てのとおり、いびつです。





収穫祭の準備に忙しい娘は、私をこき使います。





img20060615_1.jpg




紙になにやら、書いていたかと思うと

壁に貼り付けろ、と私に命令。



イベントが好きなところは、私にそっくりです。

だが、

私は、好きなだけですが、娘は企画から準備まで

すべて、完璧にこなします。



img20060615_2.jpg




準備が出きると、乾杯から始まり「よ~し皆で感謝して

食べて」の挨拶。



顔をゆがめ、「ん~すっぱいね~このいちご」

「でもこのいちごを食べているとインフルエンザ

にならないから皆、食べなさい」。

いきなりインヘルエンザの予防まで語る娘に

頭が上がらない父の一日でした。



来年は、肥料と土で甘い、いちごを収穫します。

皆さんを収穫祭へ、招待できる旨いいちごに期待

してください。

毎日が、お祭りも楽しいやら、疲れれるやら。
お気に入りに入れているブログを久しぶり

に全部見てみました。

文章を書くプロから、私みたいに間違いだらけ

の文を指摘されつつも、めげない人まで毎日

頑張っています。



何がそうさせているのか?

個々に違うかと思いますが、継続しているから

皆さん素晴らしい人達です。

尊敬いたします。






2006.06.13 もっす~
ブログを途中にしてサッカーの応援を

したのですが、残念でした。



遠野パート2



遠野には、立派な球場がありました。

サッカー球場も芝生で転んでもユニホームが

泥だらけにならない。



球場への通路には、こんなものが。



img20060613.jpg






鉄の作品



錆び付いているのか?

この錆びは、何処へ流れていくのか?

など考えていましたが、市の管理でしょうから

完璧でしょう。



鉄の周りには、
img20060613_1.jpg




花が綺麗に咲いています。



img20060613_2.jpg






ちれんこな花がいっぱい。



img20060613_3.jpg






この花は、花札に出てくる花ですか?



似ているけど?

三種類とも、同じ名前?



ほずぁね~(わからない)



何日か前のテレビで、もっす~

と言っていました。



懐かしくて涙がポロリ



(もっす~)。。

分かりますか?、私の、わらす、のころは

毎日使う言葉でした。






昨日久しぶりに遠野へ行って来ました。

全国に知られた遠野物語、むが~す、むが~す

で始まる昔話、十何年か前に聞いた時はこの

話し方は、子供の頃の葛巻と同じだ~と思いました。



カッパ



img20060612.jpg




いまだにカッパには、挨拶が出来ないで

います。



イベント



img20060612_1.jpg




キャンピングカーが、たくさん駐車場にあり

なんのイベントか話を聞いて歩きました。

私は、サッカーの試合のために行ったのに

ついつい話が長くなり一試合目が終わっていました。



すいません、ここで本日は終わり。

明日につづく

ワールドカップの時間です。


2006.06.10 リトル富良野
昨日朝一番に、北海道の友人より電話が

あった。



昼前には、北海道より仕事でお付き合いを

している方が尋ねたきました。



本日は、雫石でお世話になっているお施主様へ

打ち合わせに行ってきました。

なんと、脱サラをして農業をなさっています。



ここで、リトル富良野



1.jpg




ハウスの中は、ラベンダーでいっぱいです。





2.jpg




3.jpg




4.jpg




ラベンダーのいい香りにクラクラの私です。

後姿で失礼ですが、口下手で筆無精でなければ

皆さんへ、もっとこの場所のいいところを説明

出来るのですが、ぜひ一度行って見てください。



このラベンダーの花をここ何日かで刈り取りとるとのこと

好きなくらい摘んでいってとの、ご主人の言葉。



摘み取るための、ハサミから全部準備してくださいました。

約二時間チョキンチョキンして、頂いてきました。

帰りの車の中は、富良野。






2006.06.09
鰹を二匹抱えて、ノリノリが久しぶりに

遊びに来ました。

ノリノリは、のりおと言う立派な名前があります。

毎年鰹を持ってきてくれる、私にとってのサンタクロース

です。

丸ごとの鰹を、さばく、誰が、、、

板前の知り合いもいないこともないが、、、

昨年は、蛙の父上にさばいていただきご馳走になりました。

今回は、自分の腕でさばいて見ました。

あっちこっち



見た目は、この際

味で勝負

大変美味しくいただきました。

話だけですみません。


2006.06.08 花と、かも
img20060608.jpg




5月31日
img20060608_1.jpg




6月8日

たった8日でこんなに成長しました。

見習わないと。







我が家の薔薇1

img20060608_2.jpg






我が家の薔薇2

img20060608_3.jpg






我が家に来客

img20060608_4.jpg




かもが尋ねてきました、話しかけたが言葉が通じない

のか、後ろ向きで、、、ハイポーズ


2006.06.07 りんご
介護のためにリフォームをしたい、との

打ち合わせに蛙とお客様にいって来ました。

蛙が、何度か一人で打ち合わせをしていたので

本日は、病院より担当の人も来ていただき具体的に

手すりの位置などの打ち合わせでした。

蛙は、先月介護のリフォームを無事に納めた経験を

いかし、完璧に打ち合わせを進めます。



介護のプロになりましたので、悩んでいないで

蛙に相談してください。

補助金の申請から、アドバイスしますので、安心して

お任せください。



さて

りんごですがお客様より、りんごを煮たおやつを

いただきました。

またもや、子供の頃を思い出しました。

掘りごたつのこたつに棚がついていて、その棚に

冬になるとりんごが上がっていました。

りんごは、ふやけフーフーいいながら皮を手でむき

よく食べました。

今日頂いたりんごの味とまったく同じでした。

またもや、涙ものです。




夜散歩していると、カエルの合唱です。

窓を開けてもカエルの鳴き声です。

カエルが鳴くと雨が降ると聞いたことがありますが

田植え前から鳴きっぱなしです。

毎年この時期の散歩が、大好きです。

田舎を思い出し、涙ぐんでいます。



「からすなじ~ぁわるうな~」

田舎の両親は、カラスが鳴くといつも言っていました。

からすが鳴くと天気がかわるとか、悪いことが起こるとか

言いました。



ねこ



猫が上を向いて寝ていると、風がふく。

他いろいろあります。



キジ



キジが鳴くと地震がくる。





「あだまんびゃわるう~」

「てんちゃかわる」



頭がいたい、天気がかわる。

などなど数えきれないほどの、迷信があります。



じつは、私の四十肩がヒヤヒヤします

なんのお知らせでしょうか?

ある人に尋ねると、男の人にも更年期があるから、

との回答でした。?





本日の工事



img20060606.jpg




昨年リフォームをして下さったお宅からまたまた

お仕事をいただきました。

今回は、外構工事です。



解体作業が、始まりました。

小学校の通学路になっている道です。

道路許可を取っていますが、子供達の安全を第一に

考え工事を進めています。


2006.06.05 ブログ
土曜日日曜日になると、私のブログを見に

来る人は平日の三分の一人です。

私がブログを更新しないせいか?

土日は、皆さんパソコンを触らないのか?



話は、変わりますがナショナルの外壁材で

光セラなる物があります。

外壁材の立派なカタログにまたも、ノエルホーム

で建てていただいた、お施主様のお宅がのるかも。



この間までのカタログにも、載せていただきましたが

また話がありプロのカメラマンが、写しにこられました。

お施主様用、ノエルホーム用にと、パネルにしていただきました。

さすがプロです、私が写した写真とは、、、、



しかしうれしい

日本に建設屋さんが、何社あるか分かりませんが(岩手県にも

五千社ぐらいあるとか)年間何百棟分の光セラを使っている

建設屋さんもいるのに、すみません。

お金を掛けないコマーシャル、を終わります。
2006.06.03 高齢化社会
お年寄り二人暮らし

私が知っているだけでも、数えきれない

数の高齢者二人暮らしの人がいます。



商売がら、今年の雪で屋根が壊れた依頼が

きます。

屋根の上を見ることが出来ない高齢者の方も

多く、私が行って始めて屋根が折れている事

をしり、びっくりします。



雨漏りがするので、との依頼で行って見ると

雪の被害が今になって発覚。

急いで保険屋さんへ電話~手続きを進めます。





img20060603.jpg




屋根が折れています。





img20060603_1.jpg




屋根が折れたことで、軒の塗り壁も亀裂

が入り、いつ落ちてもおかしくない。

もし、誰か下にいたらと思うと。



近所に、高齢者だけで暮らしている方がいたら

声をかけてください。


2006.06.02 遠野の馬
岩手県遠野市



遠野物語で有名な馬の番組を見ていました。

今では、トラックで山から木を運ぶのが普通

なのに、馬で木だしをしていました。

トラックで木を運び出すのには、重機を山に

運び道を作ります。

道を作るには、まだ若い木や草花が犠牲になって

しまいます。



馬で木だしをすることで、木々の間を通り、又、

道なき道を歩いてくれます。



地球に優しい、エコ、などと騒いでいないで、ここに

もどればいい。

皆、分かっているのに応援できない理由は、一つだけ

ローコストの物が売れるからです。

ここで提案ですが、岩手県(市町村)から給料をいただいて

いる方、岩手県に住んでいる方は、岩手県内の企業に岩手県内の

人に地元に仕事を依頼しては、いかがでしょうか。

きっと廻りの人達が潤い、元気な県になるのでは。



馬の話題に戻りましが、私の実家でも私が子供の頃は

馬と一緒に暮らしていました。

親父が馬で山へ、木だしに行っていました。

そのまた、親父も同じ仕事だった。

考えさせられます。


2006.06.01 柴犬
最近、ノエルホーム(私)の廻りでは

柴犬の話で盛り上がっています。

お施主様の柴犬は、みかん

蛙の柴犬は、太郎



ここで我が家のみかんを紹介します。



img20060601.jpg




みかんの木

何年か前に、娘が学校給食で出たみかんの種を

ちり紙(テッシュ)に包んで大事に持ち帰って

きました。

今では、あの種が木になり、今年初めて花がいちりん

今から二人で、みかんを誰に分けるかなど話合って

います。





本日も大工さんと屋根屋さんで、雪の被害に遭った

お宅の修理でした。

実は明日も雪被害の修理です。

今日の夕方も、被害の見積もり依頼があり、

調査してきました。