FC2ブログ
2006.02.28 田舎のバス停
人の名前も読めませんが、地名も読めない

字が沢山あります。

なにせ国語の日は、百姓が忙しく学校を休んで

家の手伝いばかりしていた、親孝行な息子でしたから?

「がごさ、いぐすまあったら、た~えさ、すけろ」

上記解説

学校に、行く暇があったら、田植えに、手伝いなさい。

親が子供に言う言葉でしょうか?

しかし親孝行な私は、学校に行くより百姓を手伝って

いる方が好きでした。

その結果ブログの文章や字の間違いをいつも「蛙」に

指摘されながらも、めっつる(涙)こらえ頑張っている

かわいそうな、田舎者です。





言い訳はここまで。

先日、東和の帰りに面白いバス停を発見しました。



.JPG.jpg




時刻表です。

1日にバスが2回しか、この停留場に止まってくれません。

いや、2回しかバスがこないのか?

のどかでいいのか、不便なのか住んでみないと

分かりませんが、とにかく2回。



ところが、ここは山の神様が乗り降りする場所?



img20060228.jpg




やまのかみ、でいいのか?

分かる方は、メールで教えてください。



親孝行な息子を悩ませる字がまだまだあった。





img20060228_1.jpg




私の思うに

べごのあだま(うしのあたま)?

わからん。



分かる方はメールでお願いします。

「あだまがいでぇ~」














2006.02.27 交通事故
トラックが横になった事故現場を目撃



img20060227.jpg






img20060227_1.jpg




消防の人達は火事ばかりではない仕事が

たくさんあって、大変です。

ご苦労様です。





今日のリフォーム





img20060227_2.jpg




お風呂を解体しました。

土のう袋で100以上タイルとモルタルが出ました。

産廃に出しますが、かなりの金額になります。

お客様に金額をいうと、皆さん嘘でしょうといいます。

数年前から比べるとゴミに掛かるお金は、かなり

上がっています。





上がるといえば?





img20060227_3.jpg






電線の工事をしてくれる皆さんは高い所に

平気であがります。

仕事とはいえ危険な仕事です。

こちらもご苦労様です。
本日は、東和の白鳥にリベンジ



img20060226.jpg




どごさいるの~よパート2になりました。

池に氷が張ってこっちに来てくれません。

「こっちゃこお~」ってさがんでも、すががじゃまで

こながった。





そこで東和といえば五郎の出番



img20060226_1.jpg






「こっちゃこお~」と言う前に近寄ってご挨拶

すかさず頭をなで「おめぇはかすこいな~」と

褒めてやりました。





リベンジ、パート2は、東和からの帰り紫波の池で

白鳥に挑戦。





img20060226_2.jpg




こんどは、白鳥とわかりますか?

人間欲がでるもので白鳥に羽を広げてもらいたく

「お~い、はねっこしろげろ~」

白鳥にも私のなまり言葉は?


2006.02.25 白鳥
どごさいるの~よ。



DSCF0002.jpg




白鳥も岩手山、きれいに写っている予定でしたが

すべて雪にしかみえません。

残念。





2枚目に期待



DSCF0003.jpg




もっと分からない写真になりました。

またもや残念。



次回に期待してください。


東和で暮らしたい人のため、お邪魔したさいは

いろんな写真をと思い何時もデジカメを首から

ぶら下げていましたが、今日は朝から打ち合わせ

が分刻み。

デジカメを忘れて家を出てしまいました。

東和の町も雪がだいぶ減り雪で通行できなかった

狭い道も車で通ることができました。

五郎も相変わらずアスファルトに寝そべっていましたが

私が車から降りるなり、寄ってきて頭をスリスリします。

肩が痛いので、抱き上げることもできないのです。

失礼

まともな体でも私には、無理かも?



いっこうに治らない肩の痛さを、何とかしないと、

春が来ても皆に遊んでもらえないから、本日も

マッサージに行って、泣いてきました。

肩から腕にテーピングをしてもらい、なんだか

病人になった気分です、本人だけは。

廻りの皆は、冷たいもので40肩とか50肩とか

言いたい放題、誰一人病人扱いなし。





そこで本日の現場





DSCF0001.jpg






水平に直した床に、断熱材を敷きこんで

います。

決して長いとはいえないこの足は、ゆきお君

嫁さん募集中









  




2006.02.23 想定外1
改修工事には、想定外のことが発生しがち

ですが、最悪を考え見積もりをしていたはずが

想定外のことが、出てきました。



img20060223.jpg




床の下から、新築した時にでたと思われるボード

が細かく砕かれ放置してありました。

我々では考えもつかない、ゴミ(産業廃棄物)が、

それも床したを覗いても見えない奥の方にあります

想定外でした。

残念ですが、いろんな業者がいます。





img20060223_1.jpg




想定外2



床下以外にも壁の中からも、出てくるゴミ







ここからは気を取り戻し







img20060223_2.jpg




床をはぎ、レベルを見たら8畳の広さで

1寸(約30ミリ)高さが違いました。

3640ミリの所で1寸違えば建具も、なにも

収まりません。





img20060223_3.jpg




床の束も浮いて役目をはたしていません。

床束を、高さが調整出来るものに変えレベル

をあわせていきます。





改修を考えているあなたは、業者選びを

どうしますか?



いろんな方法がありますが、お客様の予算に

あう最高の提案をしてくれる、業者選びをおすすめ

いたします。




2006.02.22 相棒
盛岡市内で改修工事が、始まりました。

今まで雪の被害現場を優先させて頂

本日から着工です。

改修工事でいかにゴミを出さないかを、いろいろ

考えながら、作業を進めています。

テレビでは、瓦を床の下にいれて断熱材になります

とか言っていた記憶がありますが、ここ岩手では

どうでしょうか?





DSCF0008.jpg




テレビカメラがないので、ちょっと寂しそうな田口さん





DSCF0009.jpg




「俺うずすば、かねとるぞ」

通訳いたします。

「私をカメラで写すと、お金を頂ます。」

と騒いでいるわりには、カメラを向けると

顔を引き締める棟梁でした。



田口さんと棟梁は、同級生ですべてを

知り尽くした仲。

仕事のいきもぴったりですが、ときどき

過去をばらしあい「だまってろ」とか「おめぇ~ごそ、だまってろ」

の会話がある、仲にいい相棒です。








昔の台所か?

田舎のくらし?

とにかく懐かしい。





img20060221.jpg




なんだかわかりますか?

私の家から10分もしない所にあるお宅の台所?

右側にレンガを積んで作った煙突もあり、どこかに

トトロが隠れているのでは?





img20060221_1.jpg








外に出ると、サツキが汲み上げていた井戸が?





まだまだ懐かしいものが、いっぱいありそうで

探検したい気持ちを、おさえ帰ってきました。

次回をお楽しみに。





話を変えます。

先日雪で壊れた屋根の修理が、始まりました。



img20060221_2.jpg




屋根の上にあるのは、レンガの煙突では?


2006.02.20 営業方法
いろんな営業方法があり、最近はメールでの

営業が増えてきました。

電話での営業もありますが、ファックスの多い

のにはこまります。

一日に10枚以上も送られてくる日もたびたび、

ファックス用紙がどんどん減っていきます。

裏紙を使っていますが、たまにどっちが今送られて

きたか迷ったりしています。



今日伺ったお客様には、最近火災警報器の

営業が来たとのこと。

既存の住宅は、平成23年6月1日までに完了

と定められています。

私も今日、消防に行っていろいろ聞いてきましたが

盛岡市の場合、新築の提出書類はありましたが

既存住宅の書類が、まだ出来ていないとのこと

5月ごろまでには、と言われ帰ってきました。

市町村でも、設置基準の違いがありますので

調べるか、私に調べさせるか、二つに一つ?

もちろん取り付け工事も承ります、ここがポイント

です、おわすれなく。



本日はここ盛岡も暖かい一日で、ノエルホーム

自慢のコタツ事務所から見える、雪の山もだいぶ

減りました。

暖房を入れなくても20度以上あり、チーム・マイナス6%

に褒められる事務所で、体も心も暖かな一日を過ごしました。










2月15日に雪の被害にあったお宅

の修理が無事終了しました。





DSCF0008.jpg




垂木は写真を見てお分かりでしょうが、

ポッキリ折れていました。

その垂木を支えていた母屋も折れて

いました。

恐ろしき氷。

垂木から天井を、吊っていた吊り木が

下がり天井に穴をあけてしまいました。



img20060218.jpg




2月15日資料より







そこで



DSCF0015.jpg




一尺五寸(約45センチ)おきに入っている

垂木の間に、もう一本追加して丈夫にしました。







トタンを剥がしてからだと、分かる事も外から

だとなかなか分からない部分があります。







「想定外です」

とは、なかなかいかないので見積もりは最悪

を考え作ります。

最悪の場合はと伝えて、使わなかった分や掛からなかった

分は見積もりから引いて請求します。



「本日のコマーシャルタイム」



当たり前の事に聞こえますが

「ノエルホームさんは、良心的ですね~」

と皆さんから感謝されます。



コマーシャルに、なれていませんので終わり。



明日は東和です。






明日天気にな~れが、かない本日晴天

仕事も順調に進み、工程を組むことができました。

遅れてしまった、現場のお施主様にお詫びをし

職人を三人から七人に増やし、ほぼ完成

めでたし、めでたし





しかし本日も、またまた雪の被害があり

救急車のごとく駆けつけました。



img20060217.jpg


無残に壊れた屋根

お客様に保険屋さんと連絡をつけてもらい

私はパトカーのごとく戻り棟梁と工程会議。



img20060217_1.jpg






またまた被害現場にコンコルドより

遅いスピードで駆けつけ除雪。

(棟梁とランボー)が。



img20060217_2.jpg






窓ガラスが壊れない処理をしました。

(ランボー)が。





あとは、保険屋さんの調査を待ち

工事日を決めます。



明日も屋根の修理なので



明日天気にな~れ


いつの間にかブログのアクセスが二千を

超えていました。

田舎者の私のブログを見にきてくださった

皆さんにこれからも田舎の良さを伝えて

いきます。



天気がうまく読めないので仕事の工程が

組めない私は、昨日整骨院にいって来ました。

やさしい先生は、痛いときは言ってくださいね

とマッサージを始めました。

昨年の秋ごろから肩が痛み最近は寝ていても

目が覚めろくらいです。

マッサージが始まり「我慢の限界だ~」



私は先生に「痛いんですが」と訴えましたが

先生は「うん、痛いんですよね~」

の一言で前より力が入ってきました。

目からは、めっつる(涙)がでてきました

もう一度痛いと言う前に先生は「痛いんですよ

ここは、うん、うん、あ~痛いね~」と私のセリフ

を変わり言いながら手加減なし。

「痛い時は言ってくださいね~」

はなんだったのか、分からないまま我慢我慢

で30分(殺されるかと思いました)



明日天気にな~れ
田舎暮らしに、あこがれている人が

今大変多いと聞いています。

岩手の今年は今までにない大雪に

大変な被害がでています。

田舎暮らしをするあなたに一つアドバイス。

良い家を探すか、良い家を建てるか、

大事なことです。

ノエルホームにご相談ください。

今まで何件も雪の被害にあったお宅を修理して、

岩手の家をどうすればいいのか、

なにが原因で壊れたか分かりました。

業者選びから始めましょう。

たまには、コマーシャルをさせてください。

なにせブログだと、ただですからお客様に

コマーシャル代の、ご負担をなしにできますから、

その分は家に使いましょう。





さて今日もまたまた雪の被害です。



img20060215.jpg




天井に穴が?



img20060215_1.jpg




天井を突き破り木が見えています。

この部屋にベットがあり、天井が壊れた

真下に枕がありました。

家の人は出かけていたので無事でした。

さて原因は?





img20060215_3.jpg






この大きな氷が二階の屋根から落ちて

1階の屋根に直撃したのです。





img20060215_2.jpg




1階の屋根が氷の衝撃でかなりへこんで

いるのが分かりますか。

屋根のトタンや野地板を支えている垂木

も破壊してしまう氷の重さです。



部屋の天井が壊れた原因は、

天井を吊るために天井と垂木を固定した「吊り木」が、

垂木が折れて曲がった分、下がり、

天井を突き破りました。



私の文章力では、理解出来ない人がいるに

違いありませんのでごめんなさい。





いろんな事がありますが、ここ岩手はいい所

です。

岩手で田舎暮らしをしたくなる情報を書き込み

ますので、ぜひ岩手で田舎暮らしをしましょう。

田舎暮らしの私がお手伝いします。




2006.02.13 携帯電話
運転していようが、トイレにいようが構わず

ベルはなります。

相手が何処にいようがオカマイなしにかかって

くる携帯電話には、困ったものです。

自分がかけたとき、相手がでないと携帯は携帯して

こそ携帯だ。

早くでてくれ、などと思ったりしていますが

逆になると、今打ち合わせ中なのにタイミングが

悪い「なんだよ」と思ったりストレスを溜める

原因のベスト3にはいるのでは?

 

なんだかんだいいながらも、家に忘れたら戻って

までも、手放せないものになりました。





DSCF0001.jpg






もしもしピット

ぐだぐだ書きましたが、ただ(もしもしピット)を

紹介したかっただけです。

北上からの帰り写して来ました。

ここ花巻を、通るたびにいつも思っていたのですが

ここでしか見たことがありません。

日本各地に、この看板はたっているのか

知りたい。



今盛岡は雨が降っていますが郵便やさんが

来ました。

ただいまの時刻午後6時50分頑張る郵便や

さんにご苦労様。






2006.02.12 修理
朝、ここ盛岡は晴天でした。

屋根の修理が天候不良のためなかなか

進まないこの時期、今日こそは良い天気と

屋根の雪を下ろした九時ごろから吹雪いて

きました。

現場は盛岡市湯沢、ここはすこし高い場所に

あり下の方が晴れていたのですが風が強く

屋根の工事は、大変危険でした。





以前紹介した雪で壊れた写真。
2.12.1.jpg




屋根の先が完全に折れていますが写真では、

わかりませんね?

足場の上ではランボーがなにやら?

下では、棟梁がなにやら?





本日はここまで修理しました。
img20060212.jpg






上の写真と比べると屋根の先が真っ直ぐになった

のがお分かりかと思います。

屋根のトタンを剥がし、垂木を交換し屋根材は

ガルバで吹き替えました。

上から撮影する勇気がありませんでした。

なにせ風が強くて飛ばされるのではと思い

やめました。

きゃしゃな体ですみません。





車庫の屋根



img20060212_1.jpg




こちらの屋根は、大工工事がほぼ終わり

屋根屋さんが来るまでシートの帽子を

かぶって待っています。

天気がよければ明日あたり完成です。



何人かの、お客様に工事を待っていただいて

いますが、間もなく参りますので私のブログ

を見てサボっていない事を確認お願いします。




2006.02.11 トラブル
雪のトラブルが多い今年、わが社にも

いろいろな相談の電話が掛かってかます。

本日も屋根の雪が隣に落ちたのが原因で

気まづくなったので屋根の向きを変える

工事を始めました。



img20060211.jpg




手前の屋根が左に流れています。

雪が隣の敷地に落ちてしまいます。

いままで20年近くは問題なかった

のに、今年の雪は別物。





img20060211_1.jpg




屋根の上に、向きを変え(手前に)屋根の

構造が出来てきました。

完成は、後日お見せします。







近くの車庫です。



img20060211_2.jpg




横にアルミの棒が通っていますがかなり

曲がっています。

雪の量は、20cmくらいですが(屋根の上)

怖い状態です。

アルミは木とちがい、いったん曲がると元

に戻るのが苦手な素材です。

アルミの車庫があるお宅は、こまめに雪下ろし

をおすすめします。

今は、積雪100㎝にも耐える車庫もあります。





通りすがりの雪被害。



img20060211_3.jpg




車から見たのですがフェンスが壊れています。

屋根の下に車が、人が、いろいろ考えました。

盛岡も雪が今年のくらい降るものと考え住宅

作りをしていかなくては。




2006.02.10 夏と冬
?を?には、刃物はいらぬ雨の三日

も降ればいい。

なんて言葉を聞いた事がありますが、

雪降りの外仕事は、大変です。

外仕事で思うのですが、私の近所で道路

工事が始まりました。

何も雪の降る時期にしなくてもと、いつも

思っています。

いろいろな事情があるんでしょうが、道が

狭いのに、雪でまたまた狭くなり

その上道路工事で通行止め、引き返すこと

たびたび。

働いている人も大変、お金を出す人も金額

が余計かかるのではと思います。

夏も冬も道路工事の金額は同じなんでしょうか?

同じだったら、夏に発注してもらいたいものです。





本日は、ここまで。

今から打ち合わせがあり、出かけます。




髪が長くなると、邪魔で切りたくなりますが

今年の冬は家も床屋をしないと、頭が壊れ

てしまいます。





img20060209.jpg




伸びすぎた髪(積もりすぎた雪)

髪が伸びすぎた頭と同じ状態で、かなり

邪魔な雪です。





img20060209_1.jpg




邪魔なだけならいいのですが、体が頭を支える

のに大変です。

ランボー(佐藤くん)がハサミの代わりにスコップ

でチョキチョキしています。





img20060209_2.jpg




床屋で髪をバッサリ切った後のさっぱりした

気持ちです。

建物に雪で傷が付くのを避けるため

合板を持ち歩いています。

雪を屋根から下ろす事より、落ちた雪や

氷で建物を傷つけはしないかと心配です。



残念なことに、こちらの屋根も雪の重みに

絶えられず、屋根が一部壊れていました。

おせろしや雪





明日も、別のお客様へ行き屋根の修理

です。




2006.02.06 木の香り
五郎の気持ちを分かっていない人物が

二人いました。

だがしかたがない、まだまだ若い二人ですから

勘弁してやる。



木の香りがする建物がまたまた増えました。





img20060206.jpg




以前、お世話になったお宅でリフォームをさせて

いただいています。

ロフトの手すりからすべて木で作っています。





img20060206_1.jpg




ロフトの床の裏が一階の天井です。

またまた木の香り。





img20060206_2.jpg




木、木、の香りはいいですよ。





緊急報告





img20060206_3.jpg




以前報告した、雪の被害で屋根が壊れた

お宅の工事が始まりました。

保険会社さんからの了解をもらい着工いたしました。





本日もまた一件、雪の被害で調査してきましたが

こちらの保険は、対象外と言うことでした。

いろいろな保険がありますから?


2006.02.05 東和
豆の食いすぎで胃の調子が悪いのは

何個(何歳)ごろからだったか覚えていません。

小さい頃は早く年を取りたいと思っていたが

今では昔に戻りたいと思うばかりです。

決して豆を食いきれないからと言う理由ではない。





本日久しぶりに五郎に会って来ました。



img20060205.jpg




私に会いたかったんでしょう。

車を降りたら一番に挨拶をしに私の

近くに来ました。

ちなみに三人でお邪魔したんですが私が

好きなんです。

ほかの二人には、大変悪いのですが

五郎は人を見る目が大変優れた犬です。




節分に、ちびっこ鬼とすこし大きい鬼が

現れました。



DSCF0018.jpg




外はかなり気温が低いので鬼が外に出ていきません。

今朝の盛岡はー14度ぐらいまで気温が下がり

盛岡市藪川では、氷点下26,5度まで下がりました。

同じ盛岡でもかなりの温度差があります。

水道屋さんでは、朝早くから電話が鳴りっぱなし

で頭を抱えていました。

今日は休みの日ですから、業者さんを探すのも

大変です。





節分には、年の数豆を食べる。



DSCF0028.jpg




すこし大きい鬼の豆はこのくらい。





DSCF0030.jpg




ちびっこ鬼の豆の数はこれくらい。



さて私の豆は、とても食いきれない数。



DSCF0027.jpg




豆は皆に分けても喜んでくれますが

年は、なかなかもらい手が見つかりません。




2006.02.03 床屋
昨日数ヶ月ぶりに床屋に行ってきました。

前回いつ行ったか記憶がありません。

頭が軽い、頭を洗うのにらく、いいことだらけ

です。



だが、今お世話になっている現場に朝行ったら

事務員さんのよしこチャンが「床屋に行って

きたんですね、ハハハハハ」と笑いが止まらない

のは、なぜなんでしょうか?

「似合わないか?」と聞くと「似合いますハハハハ」

また笑いが止まらない、はて?



昨日も今日も雪ふりで、雪かきが大変です。



img20060203.jpg




物置小屋の雪です。

一度も雪おろしをしていませんが、天気のいい

日は解けたはずですが、こんなに積もっています。





img20060203_1.jpg




何センチあるか計って見ました。

二尺二寸約(66センチ)ありました。

解けた雪をたしたら何センチ降ったんで

しょうか?

ここ盛岡は、まだまだ冬が終わりません。





家の前を花でいっぱいにしたいのですが

春はもうすこし先です。

そこで花のかわりに矢巾でお世話になった

お宅のあまった古材を使って家の前にいたずら

をしてみました。





img20060203_2.jpg




自分ではなかなかの出来と思っていますが?






2006.02.02 大工さん
先日の講習会を真面目に聞いた大工さん。

試験をクリアーした皆に免許証と同じサイズ

の合格カードが写真入りで届きました。

おめでたいことです。



最近登場しない大工さん達は、今リフォームを

しています。

平屋の建物に二階を作っています。

後で紹介します。



明日は豆まきです。

何年か前からすし屋のおやじに聞いて

太巻きを食べていますが最近はコンビニ

でも太巻きの予約をしています。

なにを売るにも、なにを作るにも、大きい

会社は力があります。

負けるな、すし屋のおやじ








本日の積雪20センチぐらい。

ここ何日か雪が降らないので雪かきを

していませんでした。

今日は久しぶりに大雪です。

天気がつづいたので屋根の雪がいっきに

落ち大変な被害がおきています。





img20060201.jpg




築10年くらいの家から雪と一緒に雪止め

が落ちてきました。

下に人がいたらと思うとゾッとします。





img20060201_1.jpg




落ちた雪止めです。

毎年、今年のくらい雪が降ると思って屋根の

点検をおすすめします。

今は出来ないと思いますが春になり雪が

とけたら建ててもらった建設屋さんに依頼しとは

どうでしょう。





img20060201_2.jpg




こちらのお宅も雪が玄関の屋根に落ち

天井のモルタルが落ちました。

屋根もかなり曲がってしまい何時落ちても

おかしくありません。

毎年今まで屋根から雪は、落ちていたので

しょうが今年の雪にはご用心。





落ちた氷でフェンスが壊れたとの相談も3件

あります。

さっそく見積もりをし、保険会社さんと交渉中です。

いろいろな保険がありますが、20万円以上だと

降りるみたいです。

せっかく掛けている保険ですから何かあったら

保険会社さんに相談しましょう。





我が事務所の外は、雪かきの音がします。

ご近所さんたちが、「はやく出て来い元村」と

言っているかのごとく大きな音がします。

村八分にならないために雪かきに出ます。