FC2ブログ
2005.12.27 学校と銭湯
ここ何年か銭湯に行った事がありません。

盛岡の銭湯に全部入ろうと歩き回ったことが

あります。

自分で知っている限りは、入ったつもりです。

そういえば、私が銭湯に通っていた頃は「今日

は、髪洗いますか?」

と聞かれ髪を洗うと別料金でした。

今はどうなんでしょうか?



img20051227.jpg




銭湯を思い出させてくれたこの棚も大工さん

の手作りです。



学校での思い出に下駄箱があります。

私には、下駄箱に何一つ入っていませんでしたが

いい思い出の人もいたはずでしょう?



img20051227_1.jpg




大工さん作の学校の下駄箱を思い出させてくれる

家の下駄箱です。

靴以外になにか、入れたくなりませんか?
2005.12.26 レコード
何年か前から耳にする事がなくなったレコードと

言う言葉。

img20051226.jpg




ご主人の部屋にレコードの棚がつきました。

大工さんの、手作りです。

あと何日もしないうちに、この棚いっぱいにレコード

が入ります。

ここまでがノエルホームで、ここからはお施主様が

この家の飾りつけをしていきます。

今まで一緒にくらしてきた思い出の品々が引越して

きて完成です。





ノエルホームの

見学会も無事に終わり、たくさんの方が見に来て

くださいました。

ありがとうございました。



雪かきで肩が痛くてたまらない。

以上で本日は、おわり
お施主様の家に、ルンバ君登場
img20051225.jpg




ルンバ君は大変おりこうさんです。

文句一つ言わず家中の掃除をします。

疲れてお腹がすくと、一人で帰ってきてご飯(充電)

します。

家にもほしい。



img20051225_1.jpg




絵に見える窓の外は、雪です。



img20051225_2.jpg




写真がななめです。

何度かお施主様に指摘されましたが、うまく

写せないものです。

きっとカメラがわるいのでは?



img20051225_3.jpg




琉球畳ですが、茣蓙が和紙で出来た珍しい畳、

和紙が畳の茣蓙に使われているとは、思いも

しないと、皆さんびっくり。
2005.12.24 雪かき知らず
img20051224.jpg




大雪でも雪かき知らずの家が完成しました。

屋根の雪も見てのとうり落ちて雪降ろしの

心配もありません。



img20051224_1.jpg




img20051224_2.jpg




昔の人の知恵はすばらしい。

屋根を出すことで雪から家を守り

屋根の下で作業をしたりさまざまな

使い道があります。





今回のお宅は、敷地が広いので屋根の雪

を隣に気を使わず落とせますが私の敷地では

無理です。

家にとっては、雪が屋根の上に上がっているより

落ちてもらった方が良いんですが、、、

うらやましい。




仕事から帰ってきたら、家の前の駐車場に車が

入らないくらい雪が積もっていました。

今年一番の大雪です。

雪かきは嫌いではありませんが、今回は多すぎです。

一人で始めた雪かきに子供たちが手伝いに来たかと

思いきや、雪かきがいつの間にかかまくら作りにかわり

出来たかまくらが下記のとうりです。
img20051223.jpg




img20051223_1.jpg




たいへんよくできました。

ただいま午後9時26分つかれたので風呂に入って

晩酌してねます。
2005.12.22 素人は、素人
良い家を良く写そうとしても素人ではムリ

デジカメも輪ゴムで修理し使っていますが

なかなか壊れません。



それでは、素人カメラマンの作品



img20051222.jpg




私なりに頑張って写した床の間

暗すぎましたか?





img20051222_1.jpg




いままで何度か見た写真ですか?





img20051222_2.jpg




照明と影が綺麗です。

プロが写してくれると、もっと現実に近くなるんでしょう。





img20051222_3.jpg




反対側の壁です。

ピントが何処に合っているかまったく分からない。

明日もう一度頑張ってみます。


DSCF0001.jpg




「こちらが木製三層ガラスです。」

次にポケットからライターをとりだして窓に近付け

火を点けます。

「ガラスに火が三つ写っていますね。」

と、お客様より確認してもらい「ガラスが三枚の証拠です。」

と説明し喜んでいましたら、メーカーさんから一目で三枚と

分かるサンプルを頂ました。

お客様が窓の前に立つなり、「お~ガラスが三枚ですか~。」

私が説明するまでもなく分かってしまう。

じつにさみしい。



DSCF0003.jpg




土間のある家に、憧れている人が多くいます。

でも、実際に土間を提案してもなかなか取り入れる

方は少ないようです。

こちらのお施主様とノエルホームの提案がピッタリ合い

写真の土間が出来ました。

土間を挟んで奥にも一つ部屋があります。

何に使う部屋か知りたいですか?

25日まで見学会をしています。

ぜひ確かめにいらしてください。


img20051220.jpg




足場の解体に来ていた若者は、マイナス気温の

この日になんと半袖姿です。

ジャンバーを忘れてきたかと、たずねると「いいえ」

なんで半袖?「あついから」の一言

若いからでしょうか?



img20051220_1.jpg




雪の中お施主様よりひと足先に庭の木が引越し準備です。

10年以上も一緒に過ごした場所から新しい庭へ。

場所は変わりますが、また一緒の生活が始まります。



新しい家と今まで一緒だった庭の木が仲良くできる

環境を考え中です。




17日と18日に見学していただいた方々には大変失礼いたしま

した。

せっかく来ていただいたにも関わらず、忙しさのあまり案内でき

ませんでした。

なにせ少人数の、会社なものですからお許しください。

25日まで開催いたしております。

ぜひまたお越しください。



営業マンがいないわが社では、棟梁も見学会場にて浄法寺弁で

説明しています。

私は葛巻弁で、棟梁は浄法寺弁で、話しするものですから理解

できない人がいるのではと、通訳に忙しいわが社の美女は一番

疲れたはずです。





ブログの方でも明日あたりから写真入りで紹介していきます。

お楽しみに。




2005.12.17 見学会の見所
本日より見学会が、始まりました。

見所は、すべてですが写真2枚だけ公開します。

ほかでは、あまり目にする機会がないと思います。
img20051217.jpg




梁の楔が、入れ替わりました。

仮の楔から仕上げの楔に変わり梁と柱がしっかりと合体。



img20051217_1.jpg




こちらは壁の中に隠れてはかわいそうと、ホゾの部分を表し

ホゾに楔を打ち廻りは漆喰で仕上げました。



フロク



img20051217_2.jpg




知る人しか知らないノエルホームの美女は、左官屋さんの

お手伝いでアプローチに鉄平石を、敷きました。

センスを確かめにいらしてください。

つづく
2005.12.15 入りびたり
現場に入り浸りでした。

完成まじかになると現場が面白くて離れる事ができません。

ここ何日間ブログを更新する時間を惜しんで現場に入りびたり

です。

それにくわえ12月にしては、珍しくマイナス気温がつづき

コンクリートが凍る危険があるので、寝ずの晩をしていました。

一人で12時間あまり現場にいるとまたまたあ~したい、こ~したい

と思い大工さんが来るなり、一晩考えた策を形にしてもらいます。

文句一つ言わず仕上げてくれます。

いい仲間をもつと幸せだ~と思う元村にたいし作る大工さんは大変

でしょう。



毎晩のようにお施主様も現場に寄って我が子の成長を見る眼差しです。

17日より見学会を行います。

ぜひ、お施主様とノエルホームで作り上げた世界に一つしかない

作品を見にきてください。






2005.12.12 匠、みずから
何と言うことでしょう。

お施主様みずから家作りに参加しています。
img20051212.jpg




今日は、この写真一枚でおわりです。

玄関の土間にお施主様が石を敷いています。

左官暦40年以上の遠藤さんもびっくりするほどの

センスと腕前です。

ちょっと足もとがあぶない以外は、完璧です。

ご苦労様でした。

明日は、息子さんとロンが活躍する予定です。


足が冷たくて凍るを「あすが、すみる」と言う。

凍ると言う言葉より寒さが伝わってくるのは、県北

育ちだからでしょうか?

すみる、で思い出しますが子供の頃は風呂場が外に

あったので、風呂からあがって家に入るまでに髪が

すみていました。

今日は、昔話で始まってしまいました。



つづいて現場報告



img20051211.jpg




和室が仕上がりました。

写真ではうまく伝えられませんが、かなりの自信作です。

長押部分が赤く見え、その上が桜色。

左側には、今までにない床の間を作りました。



img20051211_1.jpg




おしどり夫婦の遠藤さんは、古材のある部屋に珪藻土の

下地を塗っています。

この下地が大事です。

コストを下げるため下地処理をはぶいてくれと言われた

事があるそうですが、遠藤さんは「んだば俺ぬはでね~」

と帰ってきたそうです。

職人気質に拍手です。

左官業で40年以上、腕一本で生きてきた男はカッコいい。










img20051210.jpg




ノエルホームの仲間で一番、仲の良い夫婦は、

左官屋の遠藤さん夫婦です。

仕事でも家でもパチンコする時も一緒です。

今日も朝早くから二人で仲良く現場で作業をして

いました。



img20051210_1.jpg




内装工事でクロスの下地処理をしている

この人は木田さん。

木田さんと呼ぶことが出来なくなるかも?

趣味は絵を書くこと。

あと何十年かすると先生と呼ばれているかも?

個展を開くほどの腕前です。

私には、よくわかりませんが?

見る人が見ればいいんでしょう、きっと。



いろんな仲間でいろいろ知恵を出し合い

今まで磨いた、腕をだしきったこの家が完成

まじかです。



ぜひ遊びにきてください。

 
2日間公開できず、寝不足です。

昨日と一昨日のブログは今までにはない出来でした。

公開できず残念でした。

あ~もったいない。



現場はかなり進んでいます。

おとといは、北海道からコンテナー1台分の荷物が

届き、商品に傷がつかないよう段ボールで梱包して

あるのをほどくと、大量の段ボールがでます。

大量の段ボールは専門の業者さんが引き取っていきます。

もちろんただではありません。



ここでまたまた昔話。

私が大工の見習いの頃はリヤカーで段ボールをもっていって

くれる人が沢山いました。

段ボールばかりではありません。

木の切れ端などは大変喜ばれました。

朝、現場に行くと木屑は綺麗に片付けられ、さらに

お礼にと掃除までしてくれるおじさんが近所に

沢山いました。





小僧の私は、職人さん達より30分は先に行き、

掃除をすませ、道具の手入れをしなくてはいけなかった

ので大変たすかりました。

今と違い機械を使わせてもらえませんでしたから

大変でした。

今は機械を使いこなす職人が増えています。

時代とともに職人のもつ道具も変わってきました。



話を現場にもどし、私が腕組みをし、同じ所をじ~と見て

いると何時も棟梁が近寄ってきて「どうしたいの(なじょにすてえのよ)」

と聞きます。

待ってましたとばかり、あ~して、こ~してと自分が

作りたいイメージを伝えます。

棟梁は、私がイメージしていた以上のものを

形にしてくれます。



「腕をかってくれるお施主様がいるかぎり頑張る」と

腕自慢の大工さんたちは言います。

「手間がかかりすぎるからと既製品ばかり使う会社には

なるなよ。腕がなまるじゃ」と言う大工さんに

いつも「はい」と答えています。








img20051206.jpg


ノエルホームにサンタクロースより大きいリース

が届きました。

事務所の上にあるウットデッキの手すりに飾りました。

ありがとう。

一番近くのサンタクロース。



次の写真を入れようと頑張りましたが、エラーとしか

でません。

パソコン1年生のつらいところです。

そこでリースに話をもどしますが、このリースには

本物のりんごが飾ってあります。

普通のりんごですからリースの大きさがわかると

おもいます。

現場の写真も準備したのに残念。

明日をお楽しみに。




午後十時近くになるとブログがなかなか開いて

くれません。

帰りが遅くなったので今パソコンを開きましたが

ページが表示されるまでにかなり時間がかかりました。

繁盛しているみたいでうらやましい限りです。



さて

昨日の続き



img20051205.jpg




最年長のノブさんは、いつも和室を担当します。

和室を作らせたら、誰にも負けない自信があるノブさん。

押入れの横に後ろ姿が写っているノブさんは

いま床の間を製作中です。

出来上がりに期待してください。



img20051205_2.jpg




棟梁を追いかけまわし写真にと思いましたが

ただでは写らないと逃げ回り断念。

棟梁が加工した造作材に写ってもらいました。

今度は、隠れて写してやる。

ただで写してみせる。










一人で事務所にいるとガサガサ、、ズズズと音が

します。

道路に雪が積ると、車のエンジンの音よりタイヤの

音の方が聞こえてきます。

今午後五時五十五分かなり冷えて道が凍り始めた

とみえ音が大きくなってきました。





img20051204.jpg




突然ですが階段が取り付けられ、いままでお施主様にも

はしごで二階に上り下りしていただきましたが今日からは安心。

奥様も今日は二階をご覧になりました。



img20051204_1.jpg




二階では、ゆきお君が手がけた古材が床から天井へ

右から左へと綺麗な仕上がりです。



img20051204_2.jpg




隣の部屋に板張りをしているのは坊主頭が寒いので

毛糸の帽子をはなせないアラちゃん。



img20051204_3.jpg




隣の隣の部屋では寒さにも暑さにも負けない

ランボーこと、佐藤くんが華麗な動きで働いて

います。





写真がここまでとなりました。

棟梁とノブさんの活躍ぶりが残念ながら明日

以降になります。




2005.12.03
ついに盛岡にも冬がきました。

毎年忘れることなくくるものです。



今日も東和町に行って来ましたが、峠は積雪でした。

東和のお客様では、いつも真っ先に出迎えてくれる

秋田犬、、、いつ会ってもデカイ。

体は大きいのですがやさしく、すぐにすりすりしてきます

見た目は怖い番犬、しかし性格は番犬には?





img20051203.jpg




ノエルホーム事務所の窓から見える隣の畑に

鳥が来てみみずを捕まえました。

どこに鳥がいるか、さっぱりわからない写真です。

ズームするとわかります?



img20051203_1.jpg




全部板張りですか?

と言う質問がきましたが、ここまでが板で

あとは、前にお話した光で汚れを浮かし

雨で流す光セラでございます。

来る人、来る人に喫茶店がいいのでは、とか

いろいろ言われますが「お施主様のお家です

から」と一言いってから、「お伝えしておきます」でも

「採用になるかはわかりません」。

と答えています。

今日もひとつぜひ提案してくれと言われたので

お施主様に話しては来ましたが採用になるかは

わかりません。

ドックラン?(犬を走らせる所)とか言っていました。



採用になるといいですねKさん






2005.12.02
ものすごく風が強く、体重73キロもぐらつきました。

私が一人で、ぐらついているのに、十キロ以上も軽い大工さんたちは

平気で働いています。

、「普段の鍛えかたが違う(つがう)のよ」

といった棟梁は、私より二キロ重い。



img20051202.jpg




さて

内部の仕上げも少し出来てきました。



img20051202_1.jpg




外部の板張りもかなり綺麗です。

天気が良いので、今日は外部を進めました。

古材の取り付けを楽しみにしていた

お施主様には誠に申し分けないことを

しました。

毎日仕事帰りに現場に顔を出してくださいます。

ありがとうございます。






見積もりや、そのほかさまざまな事務的仕事をためてしまったので、

今日は手抜きです。

おまけに娘がインフルエンザに...

私も明日、寝込んでいるかもしれません。