img20051130.jpg


今年の春から、いまかいまかと待っていました。



img20051130_1.jpg




現場に運び込まれ、一安心。



img20051130_2.jpg



そこにノエルホームの若きエース。



img20051130_3.jpg




古材の取り付けに手を上げたのは、ゆきお君です。

捩れた木材を真直ぐに加工して取り付けるのが、

普通ですが今回は捩れたままの古材を真直ぐな

所に取り付ける仕事。



家は手をかければ、かけるほど良い家になります。

材料も妥協しては良い家になりません。

材料と職人からはコストダウンせず、事務所内の

コストを下げれば今回のマンション事件はなかった

はずです。


2005.11.29 御所ダム
img20051129.jpg


御所ダムが見えるホテルから仕事をいただき

何度か打ち合わせに行っていましたが、今日

が最後になるので早めに出て写真を撮ってきました。



img20051129_1.jpg


雨が降っていたので空もこのとおりです。



img20051129_2.jpg


ベンチに腰掛ている人もいませんでした。

このベンチ木製かと思って近寄って見たら

コンクリートでした。

ガッカリです。

県の施設か、市の施設か、国の施設?

県産材で作ってほしいと願いたいです。

長持ちするからコンクリート?




2005.11.28 光セラ
img20051128.jpg


写真が小さくて見えませんが、中央に掛けた

シートに光セラと書いてあります。

外壁の汚れを光で浮かせ、雨で流す

優れ物です。

テレビのコマーシャルである大手の住宅メーカー

が頑張って宣伝してくれ助かります。

看板シートも外壁のメーカーさんより頂戴しました。

掛からなかった代金分をこちらの家に使わせて

いただきます。



img20051128_1.jpg


コマーシャル代が浮いた分ここに使わせて

いただこうかと気合をいれ日曜も休まない

ノブさんが和室を作っています。

ところでテレビのコマーシャルって、いくら掛かる

かわかりますか?






2005.11.27 デジカメ
デジカメの電池を入れるふたが壊れたので

輪ゴムで留め、一ヶ月まだまだ使えます。

今回で三回目の故障です。

過去二回は修理しましたが、同じ部分が

三回も壊れると人間かしこくなるものです。



ノエルホームの現場は、今日ノブさんが

一人で和室を作っていました。

棟梁は結婚式に御呼ばれで明日二日酔い

間違いありません。



ゆきお君とアラちゃんは若いので休み「俺は

年であと何年働けるかわからないので日曜日

も働く」と、ノブさんより



img20051127.jpg




これはなんでしょうパート2?





答えは見学会でお見せします。




ノエルホーム事務所の気温が今20度です。

暖房を点けていないのに今20度とは、今日の

天気に感謝をしないといけません。

チーム・マイナス6%に法人登録してから、なにかと

頑張っています。

地球規模で考えてもついて行けませんから

会社で出来ることから実行しています。



会社レベルでも、出来ることはあるものです。

一番に住宅の性能を上げることでかなりの

エネルギーをマイナスできます。



img20051126.jpg


この写真はなんでしょうか?







答えは12月17日からの見学会で

見つけてください。






2005.11.25
img20051125.jpg


茅葺の下地に細い丸太を使って縄で縛り

屋根を組んでいます。

金物や釘を使わない工法で百年以上も耐え

大地震も経験してきた技は今の建築をもっと

良い家にするお手本です。



基礎は石、構造は木、屋根は茅、壁は土、それでも

今騒がれているマンションより丈夫です。

最新のコンピューターで計算し最新の材料を

使っても昔の家には勝てません。

なぜか?

コンピューターを動かしている人間が問題ですかね?






2005.11.24 札幌
一度は住みたいベスト3の札幌より

ブログにコメントが入りました。

今まで何十回も行っていますが良い

町です。



住宅を仕事にしているわれわれにとっては

いろいろ勉強になる地域です。

寒さ、雪、デザイン、、、まだまだたくさん学ぶ

べきものがあります。



ここ盛岡は、北海道の冬と関東の夏を考えた

住まい作りをします。

私が思うに日本中で一番良い住宅を提案し

それを作る地域です。





さて





img20051124.jpg


ノエルホームの玄関に飾ってあるリース

なんと私元村の手作りです。

夏には夏にあった花

冬には冬にあった花

が、あるように岩手には

岩手にあった家があります。




img20051123.jpg




えんっつこ?葛巻では。

45歳の私が入っていたと言っても盛岡の

人は信じてくれませんでした。

えんっつこばかりか、いろいろ自分の子供の

ころの話をしてもほとんど信じてもらえません。



私の廻りでは、たった一人話しが合う男

それがノエルホームの棟梁です。

昨日から現場にきて皆ににらみを効かせて

います。

棟梁がいるだけで安心して次の事を考え

る余裕ができます。



今日も早速、和室の仕上げについていろいろ

話してきました。

私が頭で描いた以上のものを形にしてくれます。








2005.11.22 チョッと青空
img20051122.jpg




花巻の塗装工事も順調に進み今日足場を

取り外しました。

お天気にも恵まれ綺麗な家に戻りました。



この時期はチョッとの青空でも大変ありがたく

感じます。



img20051122_1.jpg




保証保険付の木材を見た事ありますか?





いろんな保険が家にもたくさんあります。

十年保証をはじめ地盤保証、まだまだ

いっぱいあり安心です。



またいろんな法律も新しくできてきます。

個人情報保護法もそのひとつです。

個人の情報を漏らさない法律なんでしょうが

建築現場では建築標示板の義務があり

お施主様の名前をも標示しなければなりません。

標示板を見ていろんな営業がくる場合もあり

こまっている人もいます。

 




2001年にお世話になったお施主様に

久しぶりにお邪魔しました。



img20051121.jpg




出迎えてくれたのは、ご覧のとおり。



img20051121_1.jpg




立ち上がり歓迎してくれましたが、こちらの

準備がなかなか追いつきません。



今度お邪魔するまでには、体力を付けて

くるからと約束してきました。


2005.11.20 打ち合わせ
お施主様の貴重な休みを、何時も打ち合わせ

に使わせていただいています。

今日も現場での打ち合わせ後、お宅にお邪魔して

家中を案内してもらい宝物さがしを、ご主人と二人で

しました。



宝物は今新築している建物に使わせていただく

予定です。



img20051120.jpg




img20051120_1.jpg




作業場で棟梁が加工している造作材が

次から次へと、現場に運ばれてきます。

一本一本が手作業なので時間がかかります。



木材は同じ寸法でも使う場所によって呼び名

が違います。



木の上と木の根元が製材したあと分かりますか?

大工さんは木目を見て、この木はどこに使えば

良いのかを決め加工します。

取り付けてからどっちに曲がるかまで考え

材料選びをします。



コンピューターでは、計算できない大工さん

の技です。






2005.11.19 土曜日
今日は何曜日か毎日のようにわすれます。

忘れるといえば電話番号は携帯を持つように

なってからほとんど覚えられません。

自分の携帯の番号はいまだ解らず。

携帯に番号を書いて張っていましたが

いつの間にかはがれています。



お電話番号は?と聞かれるたび名刺を

さがしています。



img20051119.jpg




突然に、この写真は?



外部に電線を出すのにどうしても穴があけられます。

断熱材はきちんと補修をし、気密もここで切れない

ための処理はしてあります。



何年か前に押入れの壁がぬれているので

調べてほしいと依頼がありました。

自分が手がけた家であれば壁の中でも下地がどこ

にあるとか色々解りますが他社さんの家の調査は

手探り状態でスタートです。



濡れていた原因は電線の穴を補修していなかったため

結露がそこに集中したせいでした。

廻りの壁の性能がいいのでチョッとしたミスでも結露が

でてしまったのです。



目に見えるところにでたので良かったのですが

壁の内部で結露していたらと思うと、ぞっとしました。

大工さんも電気屋さんもすべての業者さんが

わが社ではきちんと仕事をしてくれますから安心です。



またもや、ノエルホームチームの自慢話で今日も

おひらきです。






2005.11.18 ローコスト
今世間を騒がせている建築士はなぜ書類を

偽造したか、の質問にコストを下げるためと

テレビで答えていました。

建築コストが下がれば依頼が多くなり、また

危険な建物が増え、の繰り返し。



全部が全部とは言えませんが安かろ悪かろう

では困ります。

コストを下げる限界が見えてきたのかも?



コストが掛からない設計を依頼していたのは誰

だったんでしょうか?

お施主様は、安くて良い物を注文したのでしょうが

安くて壊れやすい物を買ってしまったかも?





プロが設計(建築士)してプロが審査(役所が依頼した)して

いったい誰を信じていいか困りますね。



昔は設計審査もなく建築確認もなく大工さんを

信じて依頼していたはずです。

今と昔の大きな違いは、お施主様の見えない所

で家の部材がどんどん出来、現場での作業がすくなく

なったことです。

良い面もたくさんあります。

ゴミの問題とか、工期の短縮さまざまありますが

大工さんとの会話も少なく現場を見ながら作って

いく楽しみも少ないのでは?



綺麗なカタログを見て営業マンと打ち合わせ

を進め家を建てているのでは?





家を建てるのは、優秀な営業マンでもなく

立派なカタログでもなく、現場で働く大工さん

と家に携わる職人です。

お忘れなく。




2005.11.17 私が見た初雪
盛岡では数日前に初雪が降ったみたいですが

私の住んでいる見前の初雪は今朝でした。



待ちに待った雪に喜んだのは、我が家では娘

一人。

二階から降りてくるなり窓にくっつき大喜び。

支度を済ませ学校へと玄関を開けると雪はやんで

いました。

ガッカリして歩いて行きました。



長男は自転車での通学なので雪は迷惑です。

歩きになると今よりかなり早起きしないと遅刻。



img20051117.jpg




外に置いてあった花たちも中へ引越しさせ

今日から少しづづ冬支度をしていきます。



デジカメが最近スネテてばかりいまして

いい写真が写せません。

そろそろ今流行りのデジカメをと思っています。




サッカーを今まで見ていました。

最後までテレビの前から立たせない試合は

さすが日本代表です。

我が家では、バレーボールを見たい女性チームと

サッカーを見たい男性チームの激突でした。

チャンネルがあっちに行ったりこっちに行ったりと

大忙しです。

両方とも勝利でめでたしめでたし。





img20051116.jpg




現場ではノエルホームのランボー(佐藤くん)が

作った窓枠が取り付けられ、引き締まった顔に

なってきました。

お施主様にも「今日はランボー来ている?」と聞かれ

すこし恥ずかしい気がします。



最近棟梁が現場に来ていません。

作業場で仕上げ材の加工をしています。

既製品の材料を使えば加工する手間も省け、

安く上がるのに、わざわざ無垢の木材を製材して

鉋をかけたり溝を彫ったり、手間暇かけています。

これもお施主様とノエルホームの考え方が同じ、

『百年後にゴミにしない』『将来の子供たちのため』

だからできる仕事です。

ノエルホームを選んでくださったお施主様にいつも感謝

しています。



img20051116_2.jpg




写真はいきなり花巻で五年前に建てていただいたお家

に移りました。

外部の木部塗装を依頼され、工事に入らせていただきました。

ご覧のとおり、すこし柱の塗装が薄くなっています。

綺麗に仕上がりましたら、次回お見せいたします。

こちらのお施主様も本物にこだわり、ノエルホームを

選んでくださったお一人です。






img20051115.jpg




重要文化財の細工です。

金物も釘も使わず楔だけで今まで大きな地震も

なんのその。

img20051115_1.jpg




ノエルホームの細工です。

重要文化財の細工は柱が、かなり太いので

柄(ほぞ)も大きく作っています。



ノエルホームの場合は柱が重要文化財より

細いので柄を二つに分け柱への負担をかるく

しています。

楔は今、仮のを刺しています。

建物が完成するころまでには、木が今より乾いてきます

のでもう一度新しい楔で締め直します。



img20051115_2.jpg




矢巾町の現場は二回目の床敷きが始まり綺麗

な無垢の床板が行儀よく整列しています。



img20051115_3.jpg




床板に傷がつかないように養生します。

床と同じく二回敷きます。

一回目はロールになっている柔らかい物で

二回目は写真に写っている合板で、これで

完璧です。










img20051114.jpg




「国指定重要文化財」の文字が書いてあるんですが?

見えませんか?

見えませんね?

東和まで足を運んでくださいということですね。



img20051114_1.jpg




この建物が東和にある重要文化財です。

重要文化財の中では、二人の大先輩が囲炉裏を囲んで

なにやら話していました。

私たちに気がつくと「さむうがらこっちゃこう」と囲炉裏

に誘ってくれました。





img20051114_2.jpg




暖かそうな囲炉裏も魅力でしたが、先に中を見学

させていただきました。

床の間には白い蛇の置物が飾られています。

さすがは重要文化財。

一回り見学させていただき大先輩のお誘いをうけ、

囲炉裏で暖まり、お礼を言って外へ。

ちなみに囲炉裏のことをわが葛巻では『ほど』と

呼んでいました。

『ほど』では、父が鉄を真っ赤に燃やし馬の蹄を夜中

までカンカン叩いていました。

なつかしい。



外に出てびっくり。重要文化財を建てた大工さんの

細工が、今ノエルホームでお世話になっているお客様

の家に同じように施されています。

見たいですか?

明日につづく
2005.11.13 東和町の魅力
img20051113.jpg




先週に引続き今日も東和に行ってきました。

お客様の打ち合わせも順調に進み東和の

町をすこし車で散策してみました。

地元のガイド(ある先生)の案内で。

お客様の家からすぐの所に水車があり

感動して写真をパチリ。



img20051113_1.jpg




またまた水車でした。

かやぶき屋根がなつかしい、子供のころを

思いだしました。

かやぶきの家で育った私には涙ものでした。





img20051113_2.jpg




二棟の歴史を感じさせる建物を発見



img20051113_3.jpg




手前の建物では、今もお神楽を舞って

いるそうです。

私の父も神楽が好きで子供のころはよく

父の神楽を見に行きました。



東和の町探検隊は、まだまだつづきます。
2005.11.12 ランボー?


img20051112.jpg




外部の窓枠を作っているのはノエルホームの

ランボーこと佐藤くんです。

どんな仕事も簡単にこなしてしまうスーパーマンです。

高い所も低いところも走って仕事をこなす佐藤くん

次からは、スパイダーマンのあだながつくかも?



img20051112_1.jpg




ランボーが作るときれいで速い、さすがです。



img20051112_2.jpg




内部では、縦横たくさんの下地が組まれ

ています。



お施主も今日は休みなので現場に何度も

きていただき打ち合わせをしました。

さぞお疲れかと思います。

ありがとうございました。




2005.11.11 リサイクル
img20051110.jpg




真っ白い断熱材が家中に張られホワイトハウス

みたいです。



img20051110_1.jpg




img20051110_2.jpg




白い断熱材の切れ端は、専用の袋に入れられ

リサイクルされるのを待っています。

断熱材を作っているメーカーが回収にきて新しい

命がうまれます。



話はかわって昨日は、いくらブログを公開しようと

しても公開できませんでした。

パソコン一年生はつらいです。


2005.11.09 元村日記
今日は花巻に行って来ました。

ノエルホームが出来た年に建てていただいた

お客様です。

二世帯住宅でご主人が木にかかわる仕事を

なさっていたので木がいっぱいの家です。



岩手県に住んでいるからには、岩手県の木をと

県産材をたくさん使って建ててくださいました。



今回は外部の木部塗装を依頼していただき

ご近所のあいさつ廻りをしてきました。

こちらのご主人は住んでいる地域のため

県産材を使ってすこしでも岩手県の人のために

なればと考え実行してくださいました。



私たちも百パーセント使えればいいのですが

そこまでいっていません。

出来る限り地元をと思い頑張っています。



岩手県に住んでいる方

岩手県で働いていらっしやる方

ぜひ地元企業に仕事を依頼して

くださるようお願いします。








2005.11.08 二階から
img20051108.jpg




二階の床がだいぶ出来てきたので私もやっと

自由に歩き回ることができます。

二十年前は、二階の梁の上を普通に歩くこと

が出来たのに。

誰も信じてくれませんが本当の話です。





img20051108_1.jpg




二階から見る吹き抜けは一階から見るのと

また一味ちがいなかなかです。





img20051108_2.jpg




大工さんの道具はいつも丁寧に片付けてあり

気持ちがいいです。

若いころよく戦場についてから鉄砲の手入れを

していてはすぐ殺される。

と、よく当時の私の棟梁に叱られたものです。



たとえば仕事中道具の手入れをしているとき

などよく叱られました。

休み時間か家に帰ってから手入れするのが

当たり前の世界でした。



いつかにつづく
2005.11.07 白い鳥
img20051107.jpg




昨日に引続き今日は白い鳥を発見しました。

写真中央に羽を広げている姿がとても綺麗

でした。

昨日鷹を発見した場所とまったく同じ所です。



img20051107_1.jpg




ノエルホームの現場は、内部の工事が進んで

います。

綺麗に仕上げた梁や柱に養生をして大事に

大事に作業を進めていきます。




2005.11.06 静かな日曜日
img20051106.jpg




ノエルホームが選んだ断熱材トンボも

気持ちよさそうです。



img20051106_1.jpg




誰もいない現場は静かです。

一人で建物の廻りをグルグル見廻したり中に入り

ここをどうしょうか?考えたり楽しくてしかたありません。

お施主様の城に断りもなく一人で座りこみ明日から

の仕上げと工程を組んできました。





img20051106_2.jpg




青空に鷹でしょうか?

現場からの帰り稲刈りが終わり田んぼをきれいに

耕したあと鷹が田んぼにも三羽いました。

空には十匹以上、写真を片手にパチリ

結果写っていたのは一羽だけ残念

葛巻の田舎でトラクターで畑を耕したあとからカラスが

パョコピョコついてきて虫を食べていたことを思い出しました。








2005.11.05 東和町
東和町に行ってきました。

もつべきは友とその友です、良い町ですから皆さんも

ぜひ東和へお出かけください。

私の生まれた葛巻もなかなかですが、東和の風景は

盛岡ではさがすことのできない懐かしい風景です。



おじゃましたお家も大変素敵なお家でした。

素敵なお家からは、素敵なご家族が出迎えてくれ

私にとって大変良い一日でした。

ありがとうございました。 



昨日アラちゃんの写真を今日公開と書きましたが

床屋さんに行きそびれたのでまたまた次回に

延期とのことです。

「だれもおめえーのごどなどみねー」と棟梁の一言
2005.11.04 三層ガラス
img20051104.jpg




木製三層ガラスのサッシが、きれいに並んで

良い顔になってきました。

朝現場に着くなり「いいどごさちた、すけろ」

二階にサッシ上げは大変です。

四人でやっと上がるサッシです。



img20051104_1.jpg




窓廻りも隙間なく丁寧に処理して次の工程に

進みます。



img20051104_2.jpg




窓廻りの処理を済ませ断熱材を張っているのは

アラちゃんです。

このあと明日また来て写真とってくれ、とのことです。

なんででしょう?

明日をお楽しみに。




2005.11.03 なに
img20051103.jpg




この丸い棒は、なに?



img20051103_1.jpg




棟梁が一本一本かんなで作りました。



img20051103_2.jpg




込み栓でした。

柱と梁をホゾで組、穴を開け手作り込み栓を

打ち込んでいます。

なかなか良い細工です。



img20051103_3.jpg




外部では、構造用合板の上に気密シート張り

気密テープをしっかり張りつけています。





img20051103_4.jpg




だいぶ出来てきました。

雨よけのブルーシートもはがされ気密シートで

家中をかこい、一安心です。


2005.11.01 JIO検査
img20051101.jpg




構造検査にJIOの検査員が来ていました。

いつもならJIOジャンバーを着てくるのに

今日の盛岡はマイナス気温でしたから

厚手のジャンバーで検査です。

当たり前ですが一箇所の指摘もなく合格です。

検査のため家の廻りに張ってあったシートを

全部はがしている、ゆきお君が写っている予定

でしたがなぜかいません?



img20051101_1.jpg




筋交いをいれ構造用合板を施工しています。

筋交いプラス合板でより強い家に仕上げて

いきます。

合板を張ることで、まだまだ良いことがあります。

お楽しみに。